読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

オーストラリア旅行1 -関空からメルボルンへー

関空からメルボルン

今頃はモロッコへ行っていたはず・・・
だけど・・・
予約していた旅行会社「てるみくらぶ」はなんと倒産!
夫婦二人の旅行代金は26万は戻らない・・・!

あまりのショックな出来事!

「安もの買いの銭失い」という言葉が頭に突き刺さります!
職場で100人ぐらいに喋って、やっと落ち着きを取り戻したのでした。

気を取り直して夏に訪れる予定であったオーストラリアメルボルンに急きょ旅行先を変更しました。

この夏からメルボルンの大学院に通うことになった娘が先に出発。
その娘の残した冬服などをトランクに詰め込んで、ついでに頼まれた炊飯器もむりやり詰め込んで、
いざ! メルボルンへ!

今回はSPCツアーという旅行会社を利用しました。
自分たちでアレンジして飛行機とホテルを取るより、断然ツアー会社から予約したほうが安かったのです。

シンガポール航空利用で7日間、ホテル付(朝食なし)約15万(ひとり)。
「安もの買いの銭失い」という言葉もすっかり忘れてます。

夜中にこっそりシンガポール航空 B777で出発!
シンガポール経由でメルボルンです!
ここまでがわたしの旅のクライマックス!
旅行当日から搭乗までが一番テンションが上がります。

ここから少しずつテンションが下がり、目的地到着ではすでに20%ぐらいテンションさがってしまいます。
このテンションの下がりをいかに下げずに旅行を楽しむかが、今後の課題かも・・・!

シンガポール航空機内

f:id:travelingbag:20170426141445j:plain

今回はシートのポケットが多かったのでiPhoneや小物をたくさん収納できて便利でした。
機内ではひたすらiPhoneKindle本とAmazon Prime Vedioを利用。
重たい本を持ち込まなくてよいし、ダウンロードさえしていれば映画も見れるので、ほんと便利です。
Amazon万歳!

読書と映画とワインでほどなく落ちて行きます~Zzzz...

f:id:travelingbag:20170426141437j:plain
エコノミークラスの食事ですが、シンガポール航空の食事のイメージはもっとよかったような・・・。
味が落ちが気がするのは気のせいかしら?

シンガポールチャンギ空港へ到着!
相変わらず広い!大きい!

f:id:travelingbag:20170426141421j:plain
メルボルン行き、A9が出発ロビーであることを確認。
この掲示板のすぐ下にSkytrainT3(Gates A & B)Skytrainの乗り場があるのを見過ごし、どんどん人の流れにのって進んでしまいました。

f:id:travelingbag:20170426141429j:plain
ターミナル3へ移動するSkytrainの案内を見つけます。
Skytrainの乗り場がエレベーター乗り場に見えて一度は見過していたのです。
先ほどの発着案内板の奥に乗り場があったのに・・・。

f:id:travelingbag:20170426160920j:plain

出発ロビー近くにあったフットマッサージ機。
空いていたのでダンナと交替で使用。
むちゃくちゃ気持ちよくて足の疲れが取れました。
帰りも空いていたらいいなぁ。

シンガポールからメルボルンに向けて出発です!

f:id:travelingbag:20170426160850j:plain

しばらくしてランチタイム。

f:id:travelingbag:20170426160906j:plain
やっぱりなんだか味が落ちたような気がする

f:id:travelingbag:20170426160858j:plain
デザートのアイスクリーム。以前はハーゲンダッツだったのに・・・。
これもおいしかったけど・・・。

うだうだと映画を見ながら過ごします。
ダンナを見ると字幕なしの「24」を楽しんでました。もちろんセリフは想像です。

朝食です。

f:id:travelingbag:20170426160914j:plain
フルーツのパイナップルは甘味もなく、「え?」シンガポール航空って3年ぐらい前はフルーツもおいしかった記憶があるんだけど・・・って。
勘違いだったのだろうか・・・?

メルボルンSIMカード購入

うとうとしながら約8時間でメルボルンに到着!
着いた!着いた!長かったぁ~!
到着したら今回はじめてのドキドキ!
現地でSIMカードを購入してiPhone7セッティングしてもらうこと!

その前にお金~!
オーストラリアドルをゲットしなければ!
ということでATMを探します。
気合を入れることもなく、到着ゲートを出たところにplusマークのATMがあります。
提携している海外のカードで引き出します。
お金が出るまでいつもドキドキ!

同じく到着ゲート出たらすぐに目に入るのがOPTUSという携帯会社のカウンターです。こちらで5日間で10ドルのプリペイドSIMカードを購入!

f:id:travelingbag:20170428160500j:plain
順番に並んでSIMカードを購入したい素振りとiPhoneを渡すと、何日分購入するかのメニューを見せてくれますので、指差しでOKです!
iPhoneの設定もやってくれます。国内電話番号ももちろんもらえます。
取り出したiPhoneSIMカードOPTUSSIMカードが入っていた黄色のカードにテープで留めてくれます。電話番号も大きくマジックでこのカードに書いてくれます。
分かりやすくてとても親切!
SIMカード入れをわざわざ用意しましたが使わずでした。

ATMでお金を出金してSIMカードを購入という大きなミッションが果たせてほっ・・・なのでした。

メルボルン国際空港スカイバ

f:id:travelingbag:20170428160450j:plain
メルボルン市内の移動には空港スカイバが安くて便利。
市内までは約30分。
こちらのインフォメーションカウンターで往復チケットを購入しました。
round tripと言えば伝わりました。これだけでもドキドキ!

往復で36ドルです。

f:id:travelingbag:20170509104312j:plain

 SKY BUSの案内に従って空港建物を出ます。

f:id:travelingbag:20170428160442j:plain

 この赤いバスがSKY BUS。2階建てでないバスもあります。

f:id:travelingbag:20170509104209j:plain
2階席には多国籍の方でいっぱい!
いよいよメルボルン中心地へ!
バスはSOUTHERN CROSS STATIONのはずれに到着!ここが終点です。

f:id:travelingbag:20170509104151j:plain

ホテルへチェックイン

すっかり暗くなりましたが、都会の夜景にワクワクです!
駅からホテルまでは約500m、歩道はフラットなのでスーツケースもスムーズに移動できます!
スーツケースのキャスターがぶっ飛ぶかと思ったほどガタガタだったドイツ・ローテンブルクの石畳を思い出すのでした。

f:id:travelingbag:20170509104200j:plain

 4連泊するホテルはPensione Hotel(ペンシオーネホテル)。
 部屋に入った途端、ホテルのアップグレードはしなかったのを後悔!
狭い~!
ビジネスで1泊なら、立地もいいし安いしOK。
スーツケースを二つ広げる場所がない~!!

f:id:travelingbag:20170509110204j:plain

 ベッドに寝ると身長167cmの私の足首がベッドからはみ出るんですよねぇ・・・。

 

f:id:travelingbag:20170509110148j:plain

極めつけはこの洗面台。
きっとオーストラリアの人は顔をここで洗うということはないのね。
朝にシャワーを浴びるから、洗面台は歯磨きや髭剃りで利用なのね。
奥行15cmの洗面台では顔は洗えません。
洗面台下がビショビショなのでした。
2日目からは洗面台の左側へ回って蛇口に頭をぶつけながら顔を洗ったのでした。
正面から洗ってもサイドから洗っても、ビショビショです。
朝に洗面台で顔を洗う!と言うこと自体がここでは間違っているのです。
朝はシャワーにしましょう!

いや、今度来るときはホテルはグレードアップしよ。

と思ってたらお腹もすいてきました。
ディナーを探しに賑やかな駅前へ行きます。
f:id:travelingbag:20170510112234j:plain
美味しそうな生ビールの看板に惹きつけられて駅の中にあるパブへ。
イギリスと関係が深いオーストラリアなので、フィッシュアンドチップスを注文。
そしてなぜか無性に食べたかったピザ

f:id:travelingbag:20170510111926j:plain
フィッシュアンドチップスはとてもおいしいし、ビールも満足!
ピザはそれなりに。
一皿1700円(オーストラリア1ドル=82円)です。
結構、お高めに感じました。

お店の中で明日の予定を確認!
SIMフリーiPhoneはほんと便利です。

日本での使い方と変わらない!
街中でグーグルマップも使えるのがとっても便利。

毎回、重いガイドブックのマップをみながら確認していたダンナもグーグルマップにご満悦です。

娘とも連絡がとれて明日は駅で待ち合わせ!
どんな街かな?メルボルン