熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

オーストラリア旅行5 -メルボルンの観光地めぐりー

ブロックアーケード

メルボルン最終日!
さぁ、ラストです。残りの観光を楽しまなきゃ!

夜の出発なので、時間はたっぷりあります。
まずは、トリップアドバイザーでも評価の高いブロックアーケードへ。
いつものようにホテル近くの無料のトラムに乗って、何度も降りたフリンダース駅へと向かいます。

フリンダース駅から少し歩いてエリザベス通りへ。
この通りを歩いていると

「えっ!?ここ?」

っていう感じの入口にブロックアーケードがあります。
ヨーロッパの雰囲気満載!

f:id:travelingbag:20170629161001j:plain

中はお上品なお店が並んでいます。

f:id:travelingbag:20170629155158j:plain

お上品なお店ばかりなので、気軽に入ることができません。
ショールの専門店があったので、入ってみました。
お店の方に「How are you?」と尋ねられたかと思います。
びっくりして言葉も出ず、「アワワ・・・」ってな感じで退散・・・!
とっさの英語攻撃に倒れました・・・。
あー、英語、憧れの英語、なんで日本はアメリカの植民地にならんかったんや!って一瞬アホなことを考えて、もしそうなってたら食文化はイマイチやったやろな・・・と、すぐに打ち消し!

f:id:travelingbag:20170629141652j:plain
このアーケードの片隅にオープンなカフェがありました。
オープンカフェで労働者っぽい方がコーヒーを飲んでらしたので、ここなら入りやすいと、ここでブレックファースト。

クロワッサンが300円ぐらい、コーヒーは一杯600円ぐらい。
やっぱ、高い・・・!
いや・・・、日本人の給与が上がってないからだ・・・!
なんて思いつつ二人でクロワッサンを分けました。
お昼はピザやし・・・!
今はこれで十分!

f:id:travelingbag:20170629155145j:plain

民族博物館

娘との待ち合わせに時間があるので、民族博物館へ行ってみました。
オーストラリアが移民の国ということがよく分かる博物館です。
金鉱を求めてやってきた人、ベトナムボートピープル、多人種がオーストラリアを目指した歴史が描かれています。
そして、各人種の多様性を認めようってなことを訴えている博物館です。

猫も食料をネズミから守るために船でやってきたよ!っていう展示物。

f:id:travelingbag:20170629141119j:plain

世界中から人々が集まってできた移民国家だよという、パスポートの展示。

f:id:travelingbag:20170629141621j:plain

すいているのでサラーッと見た後は、娘と合流してランチタイムです!

メルボルンでピザ!

今日は、日本を出る前から食べたかったナポリの窯で焼かれたピザ!
イタリア人も数多く住んでいるので、おいしいピザが食べられるそうです。
そんな中で見つけた+39というイタリアレストランを予約しておりました。
ほんとトリップアドバイザーは便利です。
電話しなくてもネットから予約できる~!
そして、最近の翻訳ソフトも素晴らしいです!
分からないメニューもグーグル翻訳Microsoft TranslatoriPhoneカメラにメニューを映しだすだけで翻訳してくれるんです!

f:id:travelingbag:20170629141635j:plain

店内の雰囲気も良い感じ。
みなさん、ピザを召し上がっているようです。

f:id:travelingbag:20170629141147j:plain

わたしたちもマルゲリータピザ!
この香ばしい生地が食べたかったのよん!
一枚約1800円ぐらい。
ピザの価格はまぁ、こんなものかな。

f:id:travelingbag:20170629141720j:plain

2枚のピザを3人で分けて、デザートにパンナコッタを頼みました。
これが1400円もするので、3人で分けることに・・・。
もし一人ずつ頼んだらカプチーノとデザートで一人2000円
3人で6000円。
ピザも入れたらランチに3人で1万円!
高すぎるやろ・・・。

一つでよかったです。
むちゃくちゃ甘かったので3人で分けてちょうどでした。
f:id:travelingbag:20170629141706j:plain

サウスゲート

ランチの後は、宿泊しているPensione Hotel からヤラ川沿いを歩いてみました。
何やら川向うにおしゃれなスポットがありそうなので行ってみることに・・・。

f:id:travelingbag:20170629160937j:plain

ウォーターフロントサウスゲートだそうです。
すてきなレストランやショップが集まっています。
今度来たら、この中のレストランで食事するのもいいかな・・・って。
とっても雰囲気がいい感じのレストランがたくさんありました。
f:id:travelingbag:20170629160913j:plain

日焼けが気にならなければ、こういうカフェもステキ。

f:id:travelingbag:20170704152236j:plain

ヤラ川沿いのビルディング風景も絵になります。

f:id:travelingbag:20170629160925j:plain
それにしてもメルボルンの紫外線がきついです。
サングラスは放せません。

f:id:travelingbag:20170629160949j:plain

散歩の後はホテルかえって荷物を受け取って、メルボルンとも娘ともお別れです。
何度も通ったサザンクロス駅

f:id:travelingbag:20170614160605j:plain

大きな駅です。この駅のはずれから空港バスが出ます。

f:id:travelingbag:20170614160630j:plain

最後にサザンクロス駅をもう一度!

f:id:travelingbag:20170614160617j:plain

空港バスに乗り、見送る娘が寂しげに映ります・・・。
遠い異国の地で一人・・・
泣きだしたら止まらなかった小さな娘が成長し、大学入学と共に一人暮らしをはじめ、そして1年の就職ののち、憧れていた海外の大学院への入学。
この経験は人生の大きなチャンスにも、自分自身の成長になること間違いなし!
がんばれよ!娘!
f:id:travelingbag:20170704151336j:plain

じんわりと感傷に浸っていたらバスも出発。
30分で空港に到着です。
後はシンガポール経由関空です。

シンガポール航空

夜ご飯!
なぜか帰りの便は、テンションが下がるせいか食欲も下がります。

f:id:travelingbag:20170704151404j:plain

夜食のサンドイッチ。
食欲なし!
ダンナはもったいないのかしっかり食べています。

f:id:travelingbag:20170704153703j:plain

シンガポールへ到着!
乗換の搭乗ゲートへ急ぎます。
ふと頭上の案内を見ると、歩いて30分とある。

えーっ!

f:id:travelingbag:20170704154132j:plain

あと19分!

f:id:travelingbag:20170704154119j:plain

でかすぎる!

このあたりでやっとモノレールがあったことを思い出しました。
一駅分は歩いたのです。あー、しんど。

最後の機内食
チキンが美味しゅうございました。

f:id:travelingbag:20170704153839j:plain

あとは関空まで寝ます!
これでメルボルン旅行もおしまいです。

今回はツアーではなく個人旅行でしたので、時間に余裕がありました。
時間に余裕がある分、ずーっと二人なので熟年夫婦にとって会話に限界があるのも事実ですが・・・。
せっかくの旅行が台無しにならないよう、ここお互いに大人になって、時には奥さんのショッピングに付き合い、ダンナの歴史うんちくに耳を傾ける、そんな感じで、わたしたち熟年夫婦もメッチャ頑張ってます!

頑張ったかいがあって、今では二人の共通の思い出も増えてきました。
旅番組を見ながら時々そんな思い出を笑いあってます。

綺麗なメルボルンの次は、混沌とした国!

インドです!

それも初めてのビジネスクラス
ダンナが乗ってみたいと言うものですから、思い切って予約してしまいました。
18万という価格に惹かれて・・・!
インドもですが、全日空ビジネスクラスがむちゃくちゃ楽しみです!

オーストラリア旅行4 -ビクトリアマーケット、博物館 ー

クィーンビクトリアマーケット

足首がでるベッドにも慣れ、昨夜もぐっすり!
今日は、クィーンビクトリアマーケットに出かけます!
一日フリーなので、朝はゆっくり。 f:id:travelingbag:20170610104115j:plain

フリンダース駅で降りて、てくてくとビクトリアマーケットまで歩きます!
周りの風景は高層ビル群だけど、日本では地方都市っていう感じ。

f:id:travelingbag:20170610102151j:plain

11時頃にマーケットに到着!
マーケット内にあるこちらのカフェで朝食。
トーストの上にボイルした卵、ベーコンとホテルでの朝食と同じような感じで、やはり約1000円。街中よりは少し安いです
カプチーノも300円ぐらい。安いです。
前日の朝食と比べるとソースなどの味付けの繊細さ分だけ、安いという感じ。

f:id:travelingbag:20170610102118j:plain

ビクトリアマーケットは、野菜・フルーツ、魚、肉とマーケットが分かれています。
こちらは野菜、フルーツのマーケット。
地元の方や観光客で賑やかです。
キロ売りで比較すると日本のスーパーより安いです。

f:id:travelingbag:20170610102139j:plain

肉マーケットの入口では鶏も売られています。

f:id:travelingbag:20170610104100j:plain

あひるも・・・!

f:id:travelingbag:20170610104047j:plain

屋内に入ると肉、肉、肉!
どれも赤身!
結構硬いのですよね。昨日のステーキの歯ごたえを思い出します。
西欧人の方の歯って短くて、チマチマ生えてる感じがするのですが、それはこの硬い肉をかみ切るのためにはいいのかもかもしれません。
カンガルー肉もあります。
オーストラリアではカンガルー肉はヘルシー食品なんだそうです。
牛肉と違って、成長ホルモンも抗生剤も打たれていない野生のカンガルーなんだそうです。
(野良カンガルー、ワインツアーの時もあちこちで見ました。)
作物を荒らすカンガルーを処分する権利がその農地の農民に与えられているらしく、年間300万頭が処分され、それが市場に出回っているそうです。とワインツアーのガイドさんがおっしゃってました。

f:id:travelingbag:20170610104034j:plain

お次は魚マーケット!
切り身の魚しか買う習慣がないわたしには、これ一匹買ってどない処理するん?って億劫になります。
生ごみ出て臭いやろなぁ・・・。
とか、そんな「あー、めんどくさ!」意識があたまを占めます。
それを料理するオーストラリア人はすごい!

f:id:travelingbag:20170610104019j:plain

こちらは乾物屋コーナー。
腸やら色々と吊るされてる~!

f:id:travelingbag:20170610151240j:plain

結局マーケットでは、ダンナの牛革ベルトと息子に頼まれたブーメランを購入。
ブーメランはどこよりもこのマーケットが安いようです。
価格も1000円~いろいろです。
アボジリニアートが綺麗。

f:id:travelingbag:20170617104038j:plain

マーケットを出てフリンダース駅の方へ向かう途中に壁画アートの路地を発見!

f:id:travelingbag:20170610151214j:plain

壁一面に描かれているので迫力あります!

f:id:travelingbag:20170610151201j:plain

撮影の仕方によってはいい写真が撮れるかも!
モデル気分で・・・ウフ!
誰もいなければしてた・・・。残念!

f:id:travelingbag:20170614155930j:plain

メルボルン博物館

マーケットから徒歩でメルボルン博物館へ。
こちらは王立博物館。この建物の後ろ側にモダンな博物館があります。
てっきりこの建物かと思いました。
王立博物館メルボルン博物館があるカールトンガーデンの芝生はとてもきれいで、皆さんゴロゴロなさってました。
芝生の上の西洋人カップルは絵になりすぎー!
うらやましくて、じーーーーーっ!と見てしまいます。

f:id:travelingbag:20170614155919j:plain

メルボルン博物館のチケット。
大人$14、子供は無料!

f:id:travelingbag:20170614155842j:plain

天井も高く、ビジュアルが強いので英語が分からなくてもなんとなくこんなことが言いたいんだろうと想像できます。
子供向けの視点の博物館です。

f:id:travelingbag:20170614155855j:plain

オーストラリアの棲息する動物のはく製。

f:id:travelingbag:20170614155907j:plain

オーストラリアの国章
前進するのみ!ということでバックができないエミュと前に飛ぶカンガルーだそうです。
f:id:travelingbag:20170614160642j:plain

ガイドのない博物館は、足早に見て終わりました。
色々なテーマに分かれているので、その分野に興味がある人でしたらじっくり見学されると思うのですが、そうでないわたしたちには興味を持たせるためのガイドの解説が必要です。
個人で美術館や博物館に入るたびに思います。

ふだんから歴史や地理に興味のある人→旅行先で自分の想像を確認、新たな発見!

旅行するということに興味がある人→現実逃避(仕事、家事、単調な日々から)なので、家へ帰ってからその国に興味が出る。

わたしたち熟年夫婦は、後者です!

博物館の後は夜ご飯!
娘と合流してトリップアドバイザーで評価の良かった韓国料理を食べに!
せっかくなんだからオージービーフの焼肉が食べたい!

f:id:travelingbag:20170617104013j:plain

量はたっぷり!
韓国のお酒、マッコリは意外と軽くおいしかったです。

f:id:travelingbag:20170617104027j:plain

セット注文で一人3000円ぐらい。
ただし、最後に出てきた肉はマトンのような気がします。
独特の臭みが・・・!
それとタレ!
タレは日本の焼肉店の方がおいしいです!
まだ、メルボルンで韓国の焼肉屋はこの一軒しか行っていないので比較にはならないのですが・・・。

焼肉店を出て、焼肉だけにつられてやってきた娘を見送ってからはホテルへ直行!
その前にホテル近くの駅にあるスーパーでホテルでゆっくり楽しむ地ビールを購入!

f:id:travelingbag:20170617104001j:plain

おしゃれなBARとか行ってみたいのですが、夜ごはんを食べたあとは早くホテルかえって休みたい!という欲求の方が勝ってしまいます。
たくさん歩いたし・・・、疲れの方が大きいです。
あー、老いというのは体力にも気力にも現れてくるのですね。

明日はメルボルン最終日!
楽しむぞ!

オーストラリア旅行3 -ワイナリーツアー ー

ヤラバレーワインツアー

朝ぁ~!
あいにくの曇り空。
今日は日本から予約していたHISのオプショナルツアー「Mr.JHONEのワイナリーツアー(日本語ガイド)」に参加です。
飲めるぞぉ!
価格は一人$140です。
オプショナルツアーの専門店ベルトラとその日のレートで換算して比較すると数百円HISの方が安かったのです。
オーストラリアドルのレートによってはベルトラの方が安い時もあるので二つとも要チェック!です。

まずは朝食!
今日は宿泊ホテル「PENSIONE HOTEL」の1Fカフェで朝食を取ることにしました。

f:id:travelingbag:20170530112136j:plain
トーストの上に厚めのベーコンと半熟卵が二つもどーん!とのっかってます。
約1500円。それにカプチーノを注文して約2200円。
二人で約4500円の朝食です。
美味しかったけど、やっぱ高いなぁ・・・って思ってしまうのです。
ということで、量も多いし、一日2食で十分!
ということにしました!

近くのホリディインホテルで待ち合わせして、娘と私たち夫婦、それに一人旅の熟年男性と一緒にツアーに出発です。
ガイドはシニアの日本人男性。
オーストラリアに住んでもう長いそうです。

車で4か所のワイナリーを回ります。
一件目のワイナリー。
あいにく雨。

f:id:travelingbag:20170530112123j:plain

 さっそく試飲開始!

f:id:travelingbag:20170530112108j:plain
3種類を試飲しました!
一人参加のおじさんは全部飲み干してましたが、まだあとがありますので私どもは遠慮気味にいただきました。
お味は・・・
うーん、わかりません!
日本で購入する1000円ワインよりか少し上品?かな?
と思える私の貧しい舌です。

f:id:travelingbag:20170530112056j:plain

せっかくだからと3000円程度のワインを購入。
日本でこの味なら買わないかな?
好みにもよるのでしょうが、酸味とタンニンがよく感じられるワインでした。

お次はきれいなソムリエのお姉さんがいるワイナリーです。

f:id:travelingbag:20170601140647j:plain
お姉さんを見ているだけで価値があります!
ワインのお味は、さきほどのワイナリーと同じ感じです。
ここでも記念にと1本を購入。
もうすっかり、せっかく来たんだから・・・の圧力だけで購入。

f:id:travelingbag:20170601140635j:plain
綺麗なカウンターでお姉さんも含め、眺めのよいワイナリーです。

お次はフランスでも行ったCHANDONのオーストラリア版。

f:id:travelingbag:20170601140623j:plain

ちらっと製造過程も見学できます。
お味は・・・、フランスの方がよかったかな。
値段もフランスの方が安いし。

f:id:travelingbag:20170601140610j:plain

こちらはおしゃれなレストランが併設されていました。
ここでおつまみと一緒に試飲です。

f:id:travelingbag:20170601140558j:plain

綺麗な色のシャンパン!
これ全部飲めるのぉ!
素晴らしい!
4人分のおつまみと一緒にいただきます。
ツアーでは昼食となっていますが、見てのとおりおつまみです。

f:id:travelingbag:20170602110813j:plain
もうこの辺りで結構酔いが回ってきてます。
一人参加のおじさんは、顔を真っ赤にしてました。
量は少しずつですが3種類以上は飲んでますので、グラスにしたらもう3杯~4杯飲んでます。
そろそろ気ぃ大きなって、高いワインを買いそうやぁ~!

 ラストのワイナリー!

f:id:travelingbag:20170602110710j:plain
建物は風情があってこちらもいい感じです。

f:id:travelingbag:20170602110747j:plain

もう酔いもかなりなもので、全部飲んでやる~!
とおっしゃていた一人参加のおじさんは、ギブアップ!
f:id:travelingbag:20170602110758j:plain
飲みきれなくても大丈夫!
どちらのワイナリーでも飲み残しのワインを捨てるバケツが用意されてます。
もったいないけど・・・全種類飲みたかったので、私たちは各ワイナリーで利用させていただきました。

f:id:travelingbag:20170602110733j:plain
お土産に小さなボトルワイン1本約500円を購入!
ヤナバレーワイナリーに行ってきたぞ!

さて、ワイナリーで心地よくなったところ車でガイドさんに集合場所のホリディインホテルまで送ってもらって解散です。

メルボルンでステーキ

ディナーはワインで気が大きなって豪華ステーキ!
トリップアドバイザーで評価の良かったRare Steakhouse Uptownへ!
トリップアドバイザーから予約できたので英語が話せなくても安心!
とことこ歩いて、グーグルマップを見ながらステーキハウスを探します。
えっ?ここ?
っていう感じの入口です。

f:id:travelingbag:20170609134613j:plain

時間が早かったのでまだ店内は空いてます。f:id:travelingbag:20170609134601j:plain

ダンナ、娘と3人でフィレ肉と付け合わせはそれぞれ3種類頼みました。
ダンナはマッシュポテト。

f:id:travelingbag:20170609134549j:plain
娘はフライドポテト。

f:id:travelingbag:20170609134537j:plain

わたしはサラダ。

f:id:travelingbag:20170609134525j:plain
お肉の味は香ばしくてとてもいい味です。
結構硬めのフィレです。
もう少し柔らかければ言うことなし!かな。
オージービーフのフィレは日本のスーパーで買ってもやはり硬めなので、うーん・・・これならわざわざオーストラリアで食べなくてもよいかなぁ・・・。ってのが本音。
価格は、一人約5000円ぐらいのディナーでした。

そういえば、オーストラリアでは神戸牛とかの柔らかい和牛が人気だとワイナリーを案内してくれたガイドさんが言ってました。
もう硬い肉はオージーたちも食べないって。

ホテルに帰る途中、近くの酒屋でワインの値段を確認!
せっかく買ったワインが市中ではどれぐらいの値段で売られているのか確かめてみたくなるという小市民です。
すると、なんとよく飲むオーストラリアワインイエローテイルというカンガルーのラベルのワインがあるではないですか!
ここオーストラリアに来る前にダイエー約890円だったワイン!
いくらだ!?
きっと半値ぐらいに違いない!
10$とある。
げっ・・!
820円ぐらい。

変わらないじゃん!( ゚Д゚)
やっぱ、物価高い!

まぁ、きれいな街だし、住み心地もよさそうだし皆さんのお給料も日本の平均給与よりか100万以上は多いようですので仕方ないです。
安さを求めるには東南アジアとかに行けばいいんですから。
明日はマーケット!
朝ごはんはブランチにして、一日2食にしよ。

 

オーストラリア旅行2 -メルボルン市内 ー

メルボルンでトラムに乗る

朝ぁ!
足首が出るベッドでもぐっすり休めて身体の充電もOK!
狭い洗面台で床をビショビショにしながら洗顔します。
娘との待ち合わせのため、ホテル近くのトラムに乗ってフリンダースストリート駅へ。

f:id:travelingbag:20170517105819j:plain

トラムは観光客が訪れる街の中心地を無料でグルグル回っているんです!
太っ腹メルボルン
路線図の中心部がフリーエリアです。

f:id:travelingbag:20170517110833j:plain

フリンダースストリート駅前。
降りるときはロープを引っ張って知らせますが、大きな駅はたくさんの方が降りるので一緒についていけば大丈夫。

f:id:travelingbag:20170510111918j:plain

メルボルンと言えばここ!
このフリンダースストリート駅の写真がメルボルンで検索するとよく出てきます。
趣があって素敵すぎます。

f:id:travelingbag:20170513105717j:plain

駅前にはきれいなビジターセンターもあります。
地下にはオプショナルツアーのカウンターやお土産物やさんがあり、ここで価格チェックができます。
後日行くマーケット価格と比較できます!

f:id:travelingbag:20170513105650j:plain

駅の反対側は近代的なビルディング。

f:id:travelingbag:20170513105709j:plain

メルボルンで両替

娘と駅で合流後、現金を持っていないのでまずはレートのよい両替所へ。
途中、マクドナルドがありました。
オーストラリアのマクドナルドMacca's(マッカズ)なんだそう。
関西でいうところの「マクド」。
縮めた言葉が通称になり看板になってるのが面白い。
f:id:travelingbag:20170513110057j:plain

こちらがレートが良いといわれているUnited currency、228 Flinders Laneにあります。
greenhouse backpacker
の看板下の入口から入ってすぐ右側に店舗です。

f:id:travelingbag:20170518110908j:plain

メルボルンで朝食

近くにはメルボルン名物の裏通りカフェ!
狭い通りにたくさんの人!
こんな環境でお茶するのは、落ち着かへん!
と思うのは私だけなのか・・・?

f:id:travelingbag:20170518110855j:plain
別の裏通りもお昼近くになるといっぱい!
やっぱ、外で食べるのは落ち着かへん!

f:id:travelingbag:20170518110829j:plain

角にあるRMB CAFEに入ります。

f:id:travelingbag:20170518110842j:plain

トーストに二つのボイルドエッグとバターで炒めたキノコ。
ダンナはベーコンエッグを挟んだトースト、そしてカプチーノ
食事が一人約1800円、カプチーノが約650円。
高いんじゃないの?

f:id:travelingbag:20170513110040j:plain

娘はこってりパンケーキ。約1500円。
やっぱ高いんじゃないの?

f:id:travelingbag:20170513110031j:plain

2017年現在、オーストラリアの物価は高いんです!
いえ、日本が安すぎるのかもしれません。

アルバイト時給も約1700円~だそう。
ので、ワーホリで多くの国の方が訪れるんだそうです。
いやぁ、明日から一日2食にだわ。
2人で朝から5000円以上の朝食ってどうよ?
ってな感覚の熟年夫婦です。

ビクトリア州立図書館

お腹いっぱいになったので、ぶらぶらとビクトリア州立図書館まで歩きます。
中華街を横目でみながら~。
それにしてもメルボルンは中華街に限らずアジア系の人口密度が高いです。
f:id:travelingbag:20170520105309j:plain

図書館前には大きなチェス盤。
なんだかのどかな雰囲気。

f:id:travelingbag:20170520105300j:plain

図書館の中に入ると・・・
みなさんノートパソコンもちこんでじっくり腰据えてネットです。

f:id:travelingbag:20170523115437j:plain

そして・・・

おぉー!


ガイドブックで見た風景!
壮観!


一日中いたくなる・・・!
なんだか、皆さん長居してそうです。

f:id:travelingbag:20170520105252j:plain

職場近くの図書館はお年寄りばかりなんですが、さすがにこちらは若い!
学生さんのような方がたくさん!

みなさん図書館の本で調べ物をするのではなく、マイノートパソコンでネットで調べているようです。

中には動画を楽しんでる方もいらっしゃいます。

でも、街中にこんな素敵な図書館があるとはうらやましい。
毎日通いたくなるかも・・・!
もちろん、ノートパソコン持って! 

メルボルンセントラル

繁華街の中に黒川紀章が設計した巨大なショッピングセンターがあります。
巨大なショッピングセンターの中に突如、遺跡?
と思ったらクープ家のショットタワーと言って真鍮の鉛の玉を製造する工場だったのだそうです。1Fは衣料品店が入ってます。
奥には無料の博物館があるそうです。
残念!この時はそれを知らず見逃しました!

f:id:travelingbag:20170520105241j:plain

 ショッピングセンター内のあちこちで見かけるSUSHIバー
ちらりと見たけど、美味しそう!とは思えなかった・・・。

f:id:travelingbag:20170524110200j:plain

ショッピングセンターの中はどこの国も同じような感じです。
高いブランドが多く、眺めるだけ。
歩き疲れたのでフレッシュジュースをいただきました!
野菜やフルーツをミックスしたいろいろな種類があります。
約800円かな。
やっぱ、高いから一番安そうな野菜が中心のジュースを注文。
とても美味しかったです!
生き返った~!

f:id:travelingbag:20170524110149j:plain

ジュースで生き返った後は、娘が通うメルボルン大学まで散歩。
天気はいいし、気温も多少高くても乾燥してるから気持ちいい~
4月のメルボルンは秋・・・だそうだけど、まだまだ半袖。
ちょうど日本と同じ気候
日中は日差しもきついく、日焼け止めクリームは必須!

f:id:travelingbag:20170524112057j:plain

繁華街から20分ほどぶらぶら歩いてメルボルン大学に到着!
風情があっていい感じ・・・!
2年間、ここに通うのね。
なんと、うらやましい!
日本で就職なんて言わずに羽ばたけ!娘!

f:id:travelingbag:20170524110123j:plain

ちょっと早いけど、中華街近くまで戻ってディナー!
台湾でも香港で小籠包が美味しかった鼎泰豊 (ディンタイフォンへ。

f:id:travelingbag:20170524112957j:plain

やっぱおいしいぃ~!
口の中に広がるスープが美味しいのよねぇ~。
値段は台湾の倍やけど・・・。
f:id:travelingbag:20170524112942j:plain

どれも安心して美味しさを味わえます。

f:id:travelingbag:20170524112929j:plain

お腹もいっぱい!

みんな満足!
明日は朝早くから出発のワイナリーツアーに参加です。

シェアハウスに帰る娘とはいったんお別れ。
夜に一人で無事に帰れるのか、心配で心配で・・・。

大きな西欧人の間に挟まれて歩く158cmの娘の後ろ姿を見ていると、
カバのお尻に挟まれたバンビのお尻に見えて仕方ありません。

カバのお尻に飛ばされるなぁ!
負けるな娘!

と心の中で応援するのでありました。

さぁ、私たち熟年夫婦はあの狭いホテルへ!

その前に、コンビニでビール買って行こ!
明日はワイナリツアー!
楽しみ!

オーストラリア旅行1 -関空からメルボルンへー

関空からメルボルン

今頃はモロッコへ行っていたはず・・・
だけど・・・
予約していた旅行会社「てるみくらぶ」はなんと倒産!
夫婦二人の旅行代金は26万は戻らない・・・!

あまりのショックな出来事!

「安もの買いの銭失い」という言葉が頭に突き刺さります!
職場で100人ぐらいに喋って、やっと落ち着きを取り戻したのでした。

気を取り直して夏に訪れる予定であったオーストラリアメルボルンに急きょ旅行先を変更しました。

この夏からメルボルンの大学院に通うことになった娘が先に出発。
その娘の残した冬服などをトランクに詰め込んで、ついでに頼まれた炊飯器もむりやり詰め込んで、
いざ! メルボルンへ!

今回はSPCツアーという旅行会社を利用しました。
自分たちでアレンジして飛行機とホテルを取るより、断然ツアー会社から予約したほうが安かったのです。

シンガポール航空利用で7日間、ホテル付(朝食なし)約15万(ひとり)。
「安もの買いの銭失い」という言葉もすっかり忘れてます。

夜中にこっそりシンガポール航空 B777で出発!
シンガポール経由でメルボルンです!
ここまでがわたしの旅のクライマックス!
旅行当日から搭乗までが一番テンションが上がります。

ここから少しずつテンションが下がり、目的地到着ではすでに20%ぐらいテンションさがってしまいます。
このテンションの下がりをいかに下げずに旅行を楽しむかが、今後の課題かも・・・!

シンガポール航空機内

f:id:travelingbag:20170426141445j:plain

今回はシートのポケットが多かったのでiPhoneや小物をたくさん収納できて便利でした。
機内ではひたすらiPhoneKindle本とAmazon Prime Vedioを利用。
重たい本を持ち込まなくてよいし、ダウンロードさえしていれば映画も見れるので、ほんと便利です。
Amazon万歳!

読書と映画とワインでほどなく落ちて行きます~Zzzz...

f:id:travelingbag:20170426141437j:plain
エコノミークラスの食事ですが、シンガポール航空の食事のイメージはもっとよかったような・・・。
味が落ちが気がするのは気のせいかしら?

シンガポールチャンギ空港へ到着!
相変わらず広い!大きい!

f:id:travelingbag:20170426141421j:plain
メルボルン行き、A9が出発ロビーであることを確認。
この掲示板のすぐ下にSkytrainT3(Gates A & B)Skytrainの乗り場があるのを見過ごし、どんどん人の流れにのって進んでしまいました。

f:id:travelingbag:20170426141429j:plain
ターミナル3へ移動するSkytrainの案内を見つけます。
Skytrainの乗り場がエレベーター乗り場に見えて一度は見過していたのです。
先ほどの発着案内板の奥に乗り場があったのに・・・。

f:id:travelingbag:20170426160920j:plain

出発ロビー近くにあったフットマッサージ機。
空いていたのでダンナと交替で使用。
むちゃくちゃ気持ちよくて足の疲れが取れました。
帰りも空いていたらいいなぁ。

シンガポールからメルボルンに向けて出発です!

f:id:travelingbag:20170426160850j:plain

しばらくしてランチタイム。

f:id:travelingbag:20170426160906j:plain
やっぱりなんだか味が落ちたような気がする

f:id:travelingbag:20170426160858j:plain
デザートのアイスクリーム。以前はハーゲンダッツだったのに・・・。
これもおいしかったけど・・・。

うだうだと映画を見ながら過ごします。
ダンナを見ると字幕なしの「24」を楽しんでました。もちろんセリフは想像です。

朝食です。

f:id:travelingbag:20170426160914j:plain
フルーツのパイナップルは甘味もなく、「え?」シンガポール航空って3年ぐらい前はフルーツもおいしかった記憶があるんだけど・・・って。
勘違いだったのだろうか・・・?

メルボルンSIMカード購入

うとうとしながら約8時間でメルボルンに到着!
着いた!着いた!長かったぁ~!
到着したら今回はじめてのドキドキ!
現地でSIMカードを購入してiPhone7セッティングしてもらうこと!

その前にお金~!
オーストラリアドルをゲットしなければ!
ということでATMを探します。
気合を入れることもなく、到着ゲートを出たところにplusマークのATMがあります。
提携している海外のカードで引き出します。
お金が出るまでいつもドキドキ!

同じく到着ゲート出たらすぐに目に入るのがOPTUSという携帯会社のカウンターです。こちらで5日間で10ドルのプリペイドSIMカードを購入!

f:id:travelingbag:20170428160500j:plain
順番に並んでSIMカードを購入したい素振りとiPhoneを渡すと、何日分購入するかのメニューを見せてくれますので、指差しでOKです!
iPhoneの設定もやってくれます。国内電話番号ももちろんもらえます。
取り出したiPhoneSIMカードOPTUSSIMカードが入っていた黄色のカードにテープで留めてくれます。電話番号も大きくマジックでこのカードに書いてくれます。
分かりやすくてとても親切!
SIMカード入れをわざわざ用意しましたが使わずでした。

ATMでお金を出金してSIMカードを購入という大きなミッションが果たせてほっ・・・なのでした。

メルボルン国際空港スカイバ

f:id:travelingbag:20170428160450j:plain
メルボルン市内の移動には空港スカイバが安くて便利。
市内までは約30分。
こちらのインフォメーションカウンターで往復チケットを購入しました。
round tripと言えば伝わりました。これだけでもドキドキ!

往復で36ドルです。

f:id:travelingbag:20170509104312j:plain

 SKY BUSの案内に従って空港建物を出ます。

f:id:travelingbag:20170428160442j:plain

 この赤いバスがSKY BUS。2階建てでないバスもあります。

f:id:travelingbag:20170509104209j:plain
2階席には多国籍の方でいっぱい!
いよいよメルボルン中心地へ!
バスはSOUTHERN CROSS STATIONのはずれに到着!ここが終点です。

f:id:travelingbag:20170509104151j:plain

ホテルへチェックイン

すっかり暗くなりましたが、都会の夜景にワクワクです!
駅からホテルまでは約500m、歩道はフラットなのでスーツケースもスムーズに移動できます!
スーツケースのキャスターがぶっ飛ぶかと思ったほどガタガタだったドイツ・ローテンブルクの石畳を思い出すのでした。

f:id:travelingbag:20170509104200j:plain

 4連泊するホテルはPensione Hotel(ペンシオーネホテル)。
 部屋に入った途端、ホテルのアップグレードはしなかったのを後悔!
狭い~!
ビジネスで1泊なら、立地もいいし安いしOK。
スーツケースを二つ広げる場所がない~!!

f:id:travelingbag:20170509110204j:plain

 ベッドに寝ると身長167cmの私の足首がベッドからはみ出るんですよねぇ・・・。

 

f:id:travelingbag:20170509110148j:plain

極めつけはこの洗面台。
きっとオーストラリアの人は顔をここで洗うということはないのね。
朝にシャワーを浴びるから、洗面台は歯磨きや髭剃りで利用なのね。
奥行15cmの洗面台では顔は洗えません。
洗面台下がビショビショなのでした。
2日目からは洗面台の左側へ回って蛇口に頭をぶつけながら顔を洗ったのでした。
正面から洗ってもサイドから洗っても、ビショビショです。
朝に洗面台で顔を洗う!と言うこと自体がここでは間違っているのです。
朝はシャワーにしましょう!

いや、今度来るときはホテルはグレードアップしよ。

と思ってたらお腹もすいてきました。
ディナーを探しに賑やかな駅前へ行きます。
f:id:travelingbag:20170510112234j:plain
美味しそうな生ビールの看板に惹きつけられて駅の中にあるパブへ。
イギリスと関係が深いオーストラリアなので、フィッシュアンドチップスを注文。
そしてなぜか無性に食べたかったピザ

f:id:travelingbag:20170510111926j:plain
フィッシュアンドチップスはとてもおいしいし、ビールも満足!
ピザはそれなりに。
一皿1700円(オーストラリア1ドル=82円)です。
結構、お高めに感じました。

お店の中で明日の予定を確認!
SIMフリーiPhoneはほんと便利です。

日本での使い方と変わらない!
街中でグーグルマップも使えるのがとっても便利。

毎回、重いガイドブックのマップをみながら確認していたダンナもグーグルマップにご満悦です。

娘とも連絡がとれて明日は駅で待ち合わせ!
どんな街かな?メルボルン



 

エジプト旅行7 -カイロそして関空へ-

エジプトの3大ピラミッドとスフィンクス

眠い・・・!
4時15分・・・さっき寝たところなのに・・・。
今朝のモーニングコールは4時45分!
モーニングコールの30分前にはiPhone時計をセットし余裕をもって身支度をします。

このツアーの初日、ガイドのモーセさんの一言!

モーセさん「日焼け止め、持ってきた!?」

みなさん「はーい!」

モーセさん
「日本製? 効かないよ! エジプトの太陽はきついから!」

この言葉を思い出しながらエジプトの太陽に負けるものかと、日焼け止めクリームとUV効果のある下地を2重に塗りたくり、その上にUV効果のあるファンデーションで塗り壁状態に・・・。
帽子、サングラス!

これでエジプトの太陽に負けない!

12月のエジプトの朝晩は寒いのでダウンジャケットが必要です。まだ日が昇らないうちにピラミッドに向けて出発です!
そう、せっかくピラミッドが見える部屋に泊まりながら、昨夜の到着も遅かったので部屋からピラミッドを見ることはできませんでした。
残念・・・!

まだ暗い中をバスで10分くらいで到着!

乾いた空気!冷たい風!・・・エジプトを感じます!
そして、目の前に広がる写真ではないリアルな風景!
ピラピッド!
心の中で「うわっ!」って心臓が高鳴ります!

エジプトにいるんだぁ・・・!
この時ほど感じたことはないかな。
ふだんは日本で見る朝日も、エジプトで見る朝日も同じ太陽。
一緒じゃん!
地球は一つなんだって実感できる瞬間なのでした!

f:id:travelingbag:20170201141126j:plain

きれいな三角錐カフラー王のピラミッド
当時のエジプトって、選りすぐりの技術者が集まってたのでしょうか。

f:id:travelingbag:20170201141109j:plain

クフ王カフラー王メンカウラー王3大ピラミッドで写真タイム!

f:id:travelingbag:20170201141108j:plain

写真タイムが終わったらバスに乗って移動です。
ガイドのモーセさんの解説も絶好調!

「みなさん!左見て!左!

貴族のお墓だよ。

ピラミッドの近くには貴族のお墓があるんですよ。

でも、それは全然大事じゃないよ。

大事なのは、こっち!

右見て!!右!」

バスの皆さんいっせいに顔が右へ・・・

 

ドドーン!と、

f:id:travelingbag:20170201141128j:plain

バスの窓ガラス全面にスフィンクス

「わぁっ!」

ス・・スフィンクスだぁ!

めちゃくちゃうまい演出!

「みなさん!

スフィンクスはどっちの方向見てる?

西?東?カイロ?」

「カイロ!」「西!」「ナイル川!」と色々声が上がります。

「違うよ!!

ケンタッキーだよ」

ちょうどバスはケンタッキーの前を通り過ぎます。
スフィンクスケンタッキーの方角を見てるのは、事前に調べて知っていたけど、それでもワクワクしっぱなし!
タイミングがすごい!
モーセさん!楽しませてくれてうれしぃよぉ~♪

f:id:travelingbag:20170201141125j:plain

 スフィンクスで写真撮影したあとは、クフ王ピラミッドを目指します。
写真はカフラー王のピラミッドです。

f:id:travelingbag:20170201141113j:plain

エジプト3大ピラミッドの中でも一番大きいクフ王ピラミッドの中に、いよいよ入ります。
中はかなり狭い登りなので、自信のない方は外で待っていてください、と添乗員さん。それにしてもデカイ・・・!
一列に並んで小さな入口から入ります。

f:id:travelingbag:20170201141111j:plain
中の通路はシングルエスカレーターの幅ぐらいの狭さです。
中の写真撮影は禁止、カメラは添乗員さんに預けておきます。

f:id:travelingbag:20170201141112j:plain
天井がものすごく低いです。
頭を低くして腰を折り曲げて、角度の急なスロープ約5分は進みます。
これ、混んでいて、スムーズに進めないとたいへん。
スクワット状態が続くってことです。
同じツアーのほとんど同身長のシニアの方々が
「こんな時だけ、小さいのは得やなぁ!」
と余裕です。
欧米の太った方々より小さくて小回り効くし、身体も口も元気です。
恐るべし日本のシニア!
こっちはしんどい・・・!
天井低いし、腰は折り曲げてかがんだままで、
息切れするし・・・!

上り下りをしながら内部にやっと到達するには、混んでいなくても約15分
人の息で湿気も感じ、暖かいので外気温が40度以上の時を想像すると恐ろしい・・・!
やっと石棺がひとつだけある何もない空間に到着です。
まぁ、自分で想像せよ!ということかな?
部屋の中を一周したら次々に上がって来られる人が途切れたところで、もと来た道を戻ります。
すれ違えないのでたいへん。
またまた腰をかがめてやっと外へ。
スクワット100回したくらいの足になっていて太ももがガクガク・・・!
あー、疲れたぁ・・・!

カイロ博物館

最後の観光、カイロ博物館へ移動します。
カイロの街は・・・
汚い・・・!
道路の両側には、かなり年季の入った砂ぼこりで白くなったごみが延々とほったらかしにされています。
建物も道路も未完のカイロ!って感じです。

f:id:travelingbag:20170201141114j:plain

そんなことを思っていたらカイロ博物館へ到着!
博物館内での写真撮影を希望する場合は、カメラごとに約500円が必要になります。
ツタンカーメンの部屋はまた別料金。

f:id:travelingbag:20170201141116j:plain

エジプト考古博物館前はアラブの春のメイン広場。
ガイドのモーセンさんは、政治のことはあまりしたくないけど、アラブの春アメリカのせいだと思ってると言ってました。
日本にいると本当は現地の方はどう思っているのか、なかなか伝わってきません。
現地に行くと、様々なリアルな思いに出会えるから海外旅行って面白いです!

f:id:travelingbag:20170201141115j:plain

博物館内はたくさんの展示物がそのままの状態であちこちに置かれています。

f:id:travelingbag:20170201141117j:plain

展示というより置かれているという感じ。

f:id:travelingbag:20170201141118j:plain

ツタンカーメンアンケセナーメンが描かれた黄金の椅子。
高級なものはガラスのケースの中に。
ガラスがくすんでいるのが気になるぅ~!

f:id:travelingbag:20170201141121j:plain
古代の石像があちこち。
触っちゃだめよ。

f:id:travelingbag:20170201141120j:plain

気に入ったのがこの書記官の像。
目玉が生きてるみたい。

f:id:travelingbag:20170201141122j:plain

ピラミッドの頂上にのっけるキャップストーンではないかと言われている化粧石。
埃が気になるぅ~!
磨けばピカピカになるのにぃ~!

f:id:travelingbag:20170201141123j:plain

ツタンカーメンの黄金のマスクは有料なので写真はあきらめました。
係りの方が写真を撮ってくれるのです。
黄金のマスクはもちろんガラスケースの中ですが、そのガラスケースが曇ってる・・・、黄金のマスクも曇ってる・・・。

京都文化博物館で見たアメンエムオペト王の黄金のマスクの方が光ってました。
様々なアクセサリーも細工が細かく、当時の文明の高さを感じさせられます。
けど・・・磨いて欲しかった。
ピカーッ!と光っているアクセサリーを想像してました・・・。
自然と言えば自然ですが・・・、でも当時は光っていたでしょうに・・・。

一通り博物館内を見学した後は自由行動です。
博物館へ来たら買おうと思っていたマグカップを探しにギフトショップへ・・・。

しかし・・・、え?これだけ?
っていうくらい品薄です。
なんでもアラブの春の時に荒らされて、それ以降品数多く置いていないということでした。
ですので、マグカップもツタンカーメンのボールペンもありません・・・。
残念!

集合場所では少し時間があったので、ガイドのモーセンさんに疑問に思ったことを聞いてみました。

「どうしてカイロの街にはゴミが多いの?」

エジプト人は自分の家だけきれいであればいいんです。ゴミは昔から外に放り出すんです。昔はゴミは土に返ったけど、今はプラスチックやビニールで土に返らない。
わたしはマンションに住んでるんだけど、上から見てると下の人がゴミを外へ捨てる。
毎日、捨てる。悲しくなる。」

「ゴミを集められないの?」

「ゴミの車は毎日のように来ます。
でも全然足りない。ゴミが多すぎて。すいません、汚くて・・・」

いえいえ、日本も東京オリンピックまでは川や道端にゴミを捨てていたんですよ、エジプトもきっかけがあればきれいになるかもしれません。

そういう意味では未完のエジプトなのでした。

そんなことを話しているともうバスで空港へ行く時間となりました。
ランチはバスの中です。
期待はもちろんしていません。
硬めのパンに自然な味のローストビーフが挟まっています。
バナナは世界中で同じ味というのが安心。

f:id:travelingbag:20170201141130j:plain

カイロ空港へ向かうバスの中、モーセさんの最後の挨拶が始まりました。

エジプトを支援してくれる日本の皆様に本当に感謝していること。
日本エジプトはその昔、サムライエジプトに来たことから始まったこと、そしてそのサムライが架けた橋を皆さまが渡り、現在につながっていることなどを熱く語ってくれます。
カイロ大学の日本語学科を卒業してガイド歴20年のモーセさん、ガイドの最優秀賞を受賞し、その賞状を誇らしく掲げ見せてくれるモーセさん。
そんなモーセさんの仕事に対する情熱に比べると、恥ずかしくなる自分がいます。
あかん!わたしも一生懸命仕事せな!
って・・・。
とその時思っていたことを、今思い出しました。(´・ω・`)

挨拶はまだまだ続きます。
皆さんと撮った集合写真が宝物だということ、出会えたことに感謝していること・・・。
バスは空港内に入ります。
いろいろな思いが駆け巡って、涙がちょちょぎれそうです
そして、モーセさんの
「本当に、みなさま、ありがとうございました!」
の言葉と同時にバスは空港発着ロビーに到着です!

もう、完璧!
すばらしい!
ワンダフル!
まるでショーの観客になったよう!
いつもは添乗員さんがリーダーでガイドさんはサブという感じなんですが・・・。
今回はモーセさんがリーダーで添乗員さんがサブです。
こんなにガイドさんによって、旅行の楽しさが倍増されるんだってということも初めて知りました。
さすが最優秀ガイド賞のモーセンさん!
今度エジプト来るときはモーセさんに個人的にお願いしたいです。

カイロから関空

いよいよエジプトともお別れ。
最後の最後に空港免税店でばらまき用のお土産にチョコやナッツを購入します。
免税店でも、ワンダラー!ワンダラー!の方と同じように押し売りがすごすぎ”!
免税店の店員から押し売りされるのは初めてです。
チョコにナッツにどうだ!どうだ!と持ってきます。
それも3,4人の店員が持ってくるのでたまらない!

さて、エジプト空港チャーター便の準備も整ったようです。
カイロから関空へ、そこで次のエジプトツアー客を乗せ、成田へ、そしてまたエジプトへとぐるぐる回っています。

f:id:travelingbag:20170201141131j:plain

エジプト航空機内食です。
もう、食欲はほとんどありません。

f:id:travelingbag:20170201141132j:plain

中間食です。無理です。食欲まったくなし。

f:id:travelingbag:20170201141133j:plain

朝食です。ダンナは食べてましたが、わたしはパス。
周りを見ると、同じツアーの旅慣れたシニアな女性が、日本から持ってきたであろうカップラーメンをすすってました。

f:id:travelingbag:20170201141134j:plain

無事に関空到着!

あー、お寿司食べたい!

ラーメン食べたい!

お好み焼き食べたい!

食欲がいっぺんに戻ります!
久しぶりにあったかい日本のトイレの便座に座って、
ほっ・・・!

エジプトの食事にはいろいろと不満があったけど、でも、今考えると素材そのものの味で本来の味そのものだったのかも・・・と。
化学調味料などを使っているものばかり食べて、素材そのもので楽しめなくなっているのかもしれない・・・と。
エジプトの食事、それもその国の文化なのですね。
しかし・・・、やはり巨大遺跡は素晴らしい!
現地に行かないと味わえない
乾燥した空気、
ビーッ!とくる太陽光線、
目が毎日痛くなる砂埃

これらは画面からは絶対に分からない。

それにここから入っちゃダメよ!のロープもなく、古代の世界そのものに足を踏み入れることができる遺跡群!
ロマンを感じる世界エジプト
一度は絶対に行くべし国!

ん・・・、でも、今度は美味しい国に行こう!

と・・・決めていたはず・・・

が、

体力があるうちに遠いところから・・・と、値段の安さで・・・。

次回はエジプトサハラ砂漠を共有してるモロッコへ・・・!
うーん・・・、
料理は期待せんとこ・・・。(;・∀・)

エジプト旅行6 -アブシンベル・カイロ -

アブシンベル

アブシンベル2日目の朝!
早速、朝日が昇るアブシンベルへ!
砂漠ばかりとイメージしていたエジプトナセル湖からの朝日を見られるなんて・・・!

f:id:travelingbag:20170127110213j:plain

朝日に照らされた、全部ラムセス2世アブシンベル大神殿。
f:id:travelingbag:20170127114129j:plain

そしてアブシンベル小神殿。4体はラムセス2世、2体はネフェルタリ

f:id:travelingbag:20170127115457j:plain

 大神殿と小神殿がいっしょに入るとガイドさんに教えてもらった場所からパチリ!
当時は男尊女卑がすごい時代。その時代にラムセス2世ネフェルタリのために、こんなに豪華な神殿を建てたのです。
どれだけ愛が深いのかとガイドさんに聞いた方がいらっしゃいました。

ラムセス2世の奥さんはネフェルタリお一人なんですか?」
「違うよ~!子供は100人以上いるよぉ!」
「えぇ~!!」( ゚Д゚)

かなりのドスケベのようでした。
それでも、数ある妃の中でネフェルタリのためにだけこの神殿を建てたので、言葉だけじゃなく行動でしめしたところは愛が深かったのでしょうか。
さて、そうなるとラムセス2世から執着されたネフェルタリはどのような女性であったのかが気になるところ・・・。フフ。

f:id:travelingbag:20170126160743j:plain

神殿を堪能した後はやっと朝食!
今朝は、勇気を出して「Sunny side up, please!」と卵を焼いてる青年に言ってみました。
目玉焼きが焼けてる!
通じたわ!青年が何か言ってる。
身振りで「ひっくり返すのか?」ってまでは分かるけど、内容は細かく分からない。
よく分からないから「No!」って答えるとほとんど生のままの卵焼きの出来上がり。イメージは半熟ぐらいだったんだけど・・・。
まぁ、良いわ。
英語が通じたことがうれしい!
パンケーキは美味しかったかな・・・。

f:id:travelingbag:20170126160747j:plain

部屋に戻ってゆっくり荷造り。
アスワンに向けてバスで出発です。

お昼はヌビア人の方が経営するレストランで。

f:id:travelingbag:20170126160746j:plain

玉ねぎのスープ。かなりの薄味です。
素材のみの味です。

f:id:travelingbag:20170127110217j:plain

オリーブオイルにどっぷりつかった茄子とパンにつけて食べるごまペースト。

f:id:travelingbag:20170127110215j:plain

古代の味がするパン。

f:id:travelingbag:20170127110216j:plain

白身魚と野菜のスープ。
塩、こしょうプリーズ!

f:id:travelingbag:20170127110218j:plain

これこそデザート!

f:id:travelingbag:20170127110219j:plain

なんだか一気に古代のランチにタイムトリップしたみたいでした。
世界はまだまだ未知に満ちてるぅ~!
日本にいては、この感覚は味合わえないです。

ランチ後は、昨日とは反対にアスワンに向けてサハラ砂漠を3時間かけてバス移動です。
サハラとはアラビア語で砂漠という意味。
よってサハラ砂漠=砂漠砂漠とガイドのモーセさんがよく連呼してました。

3時間爆睡した後はアスワンに到着!
パピルスの店へ~!
買わないと思うけど・・・。
きれいな店内へみんなでゾロゾロ。
ガイドのモーセさんがパピルスができるまでの工程を実演し、どのような内容の絵が描かれているのかを説明してくれます。
値段は大きさによって変わります。
小さいはがきサイズで1,000円くらいから数万円まで。
高いし、いらないな。

f:id:travelingbag:20170126160748j:plain

ふと、ダンナを見ると熱心にパピルスの絵を見てるじゃなぁい?
「えー!? 買うん!?」
「うん。どれがいいかなぁ。」
「えぇー!高いでぇ!」
「思い出になるやん」
「はぁ・・・」(;'∀')

ということで、約5,000円のパピルスを購入。
ダンナが選んだのは、アンケセナーメンツタンカーメンにオイルを塗っている様子が描かれてるパピルス
なんて、ロマンチック・・・!(;・∀・)

f:id:travelingbag:20170128094056j:plain
しっかり我が家の玄関に飾られています。

この後、ルクソールからカイロへ出発するはずが、飛行機が遅れに遅れ、3時出発が夜9時出発となりました。
よって、カイロのホテルで取る予定だったツアー最後のディナーは、急きょナイル川クルーズ船に戻っていただくことになりました。
ちょっとがっかり・・・。
ツアー最後のディナーは、ツアー中で一番豪華になる予定だったのですが・・・
ま、これも思い出です。と言い聞かせます。

f:id:travelingbag:20170126160749j:plain

この間、ガイドさんや添乗員さんたちはあたふたと大変そうです。
やっと手配できたのは、わたしたちツアーだけのチャーター便。
この小さい飛行機でカイロに向かうことに・・・。
無事に飛んでくれるかしらと、ちょっと不安。

f:id:travelingbag:20170126160750j:plain

f:id:travelingbag:20170126160751j:plain

カイロ

無事にカイロ到着。すでに11時過ぎ。
このままホテルへ直行です。
ホテルは MOBENPICK HOTEL CAIRO PYRAMIDS ムーベンピックホテルカイロピラミッド。
広くて綺麗!
窓からピラミッドが見える!っていうホテルです。
ピラミッド~!!

f:id:travelingbag:20170126160752j:plain

肉眼では・・・

見えん!
写真に撮ってみると・・・かすかに三角が見える。 f:id:travelingbag:20170126160753j:plain

明日の朝も日の出前出発なので、結局ピラミッドが見えるホテルに泊まりながら、ピラミッドは見えず・・・なのです。
今日は移動で一日が長く感じました。

さて、明日はいよいよ最終日、そしてピラミッド
憧れのピラミッド!
神秘の力を感じられるかしらん?

もうすでに夜中の1時半!
明日は5時のモーニングコール!

さぁ、寝よ!

と・・・ウトウトとしかかったところへ、

パン!パン!パン!

という音!

「えっ!?何?テロ!?」

急いでベランダから外を見るけど、通りは静か。
花火でした・・・。
真夜中の2時半に・・・。

げっ・・・!

眠れるか・・・。
がんばって、寝なくっちゃ・・・!