熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

モロッコ旅行1 ー関空~ドバイ~カサブランカー

いざ、モロッコへ20時間の旅

ついにこの日がやって来ました!
ロッコへ出発の日!
前日から異様に興奮気味でした。
なんせ数年前、全額旅行代金を払いこんでいたモロッコ旅行が、てるみくらぶ倒産のおかげで旅行代金は戻らないわ、ロッコへも行けないわで当分ロッコはもうええわ!
って感じだったのです。

あれから数年、代金が戻らないショックからも冷めロッコを目指す気になりました。
この日のために見た映画は、ロッコと言えば真っ先に浮かぶカサブランカ、そしてサハラ砂漠がロケ地となったアラビアのロレンス

2本見て、これでロッコについての勉強はいいか・・・というええ加減な熟年夫婦の旅記録です。

f:id:travelingbag:20190515140016j:plain

イングリットバーグマンが美しい・・・。
今見ると美しいだけの男性にとって都合のいい女性という感じです。
「君の瞳に乾杯♪」というセリフのハンフリーボガードがやたら軽い男に感じます。

f:id:travelingbag:20190515140018j:plain

長い!
延々砂漠のシーン。ツッコミどころは多々あるけど、休憩が途中あったのが新鮮!
カサブランカ」「アラビアのロレンス」と当時は大人気の映画です。
映画の撮影技術も世界観も時とともに変わるのねぇ・・・と感じさせられるのでした。
サハラ砂漠ではラクダに乗るのが楽しみになりました!

今回参加したツアーは、クラブツーリズムの「エコノミークラス利用 魅惑のモロッコゆったりじっくり周遊10日間料金¥390,540です。
ゴールデンウィーク10連休にかかるのでお高め。
また、今回の旅行はドバイ経由なのが楽しみ!
ドバイの素敵なラウンジを楽しもうとプライオリティパスをゲット!

ラウンジのために楽天ゴールドカードに入会、もれなくついてくるプライオリティパスをゲット!
プライオリティパスは世界中のラウンジが使えるという優れもの!
ただし、エミレーツのラウンジはビジネス・ファーストクラス利用者でないとだめです・・・。

それでも素晴らしいという評判のドバイのラウンジを楽しめるのでめちゃくちゃ楽しみです。

あー、いつかはエミレーツビジネスクラスに乗りたい!

とそんな思いを胸に関空からドバイ経由でカサブランカへ向かいます。
飛行機はエアバスのA-380ジャンボ機です!
エミレーツ航空はなんといってもドラマや映画がたくさん用意されているのが魅力!
ホームページからあらかじめ番組もチェック!

f:id:travelingbag:20190507113842j:plain

いよいよ機上へ!9時間かけてドバイを目指します。
座るとさっそく映画チェック!

f:id:travelingbag:20190507114020j:plain

日本語音声の映画も結構あるので、いつもはiPhoneに動画をダウンロードして準備していましたが、今回は必要なし!
ダンナの方はamazon primeでダウンロードした毎夜視聴中の動画の続きをお楽しみ。

f:id:travelingbag:20190507113833j:plain

 配られた機内セット。靴下、歯ブラシ、アイマスク。
スリッパの代わりに靴下が最近多いです。

f:id:travelingbag:20190507113840j:plain

夜中に飛び立って午前2時頃にディナーです。
数年前にエミレーツ航空を利用した時には、ゴディバのチョコが添えられていたのですが、今回はありませんでした。
残念・・・!
楽しみにしていたのに・・・。

さぁ、これから長いフライトです。
食事も美味しいし、飲んでねるぞぉ!

f:id:travelingbag:20190507113838j:plain

あっちに足を移動、腰をもぞもぞ、なんとか数時間を乗り切ると朝ごはん。
そんなに食欲はわかないけど、とりあえず食べとこう。

f:id:travelingbag:20190507113835j:plain

そしてやっとドバイへ到着。
相変わらずデカいドバイ国際空港

トランジット時間が少なかったので、楽しみの一つだったドバイでのラウンジを楽しむは出来なかった・・・!
ラウンジのために楽天ゴールドカードに入会し、プライオリティパスをゲットしたのに・・・!
残念!( ゚Д゚)
帰りは是非!

さて、ここからまた8.5時間、エアバスA380に乗ってカサブランカを目指します。

f:id:travelingbag:20190507114022j:plain

ハリウッドで大ヒットした「クレイジーリッチ」を見ながら朝ごはん!

f:id:travelingbag:20190507114018j:plain

昼ごはん。だんだんと異国を感じるメニューです。

f:id:travelingbag:20190507114016j:plain

そして、やっとアフリカ大陸ロッコへ到着!
やっと着いたー!長かったぁ!
荷物を受け取るとすぐにロッコデリハムに両替。

f:id:travelingbag:20190518110928j:plain

外へ出ると雲のない青い空!
太陽がすごい!蛍光灯とLEDぐらい違う輝き!
ロッコまで来たんだぁ!って、テンション上がります!
そして、なんてさわやかなんでしょう!
吹く風はクーラーのように冷たく、日本の5月のさわやかさをもっとドライにした感じ。

f:id:travelingbag:20190507114138j:plain

すぐにバスに乗り込んで観光が始まります。
今回は14名なので、バスの二人座席を一人で利用です。
でも、若いご夫婦二人は前の方の席にぴったり寄り添っています

きっと、あと数年もしたら他の夫婦のように離れるのよ。

一番後ろの席には、3名の熟年男性同士の参加者。
面白いおじさんたちで、3人の共通は「家庭崩壊」だそう。

そう、最後はおひとり様で参加よ。

なんて思ってる間に、1時間でロッコの首都ラバトへ到着。

f:id:travelingbag:20190507114136j:plain

ラバト・ムハンマド5世霊廟

世界遺産ムハンマド5世霊廟を見学。
どこまでも青い空に大理石がキラキラしてとても綺麗。
眩しくて裸眼は無理!

f:id:travelingbag:20190507114244j:plain

ハッサンの塔と太陽!
まぶしー!

f:id:travelingbag:20190507114246j:plain

ムハンマド5世霊廟の中に入ります。

f:id:travelingbag:20190507114134j:plain

大理石の棺の中にムハンマド5世がいらっしゃるそうな。

f:id:travelingbag:20190518114917j:plain

天井もきらびやか~!

f:id:travelingbag:20190507114241j:plain

霊廟の端っこからは、北大西洋がちょこっと見られます。

f:id:travelingbag:20190507114131j:plain

さて、今回残念なのが現地ガイドさんが日本語が話せず英語ガイドだったこと。
添乗員さんが通訳してくれるのですが、教科書的な説明ばかりで正直つまらなかったことです。
現地の人の暮らしや就職事情、政治事情、ロッコ言えば、ある年代はカルーセル麻紀がすぐに浮かぶけど、その辺どうなの?とか・・・。

こういうことって日本語が話せるガイドさんなら、日本の文化や日本でのロッコにも通じていて、面白おかしく話してくれるのですが・・・。
とても残念です。
10連休なので、日本語が話せる現地ガイドさんは高いツアーの方にまわされたのねぇ。なんて勝手に思い込んでます。

教科書ガイドを聞いたら宿泊先のヘルナンホテルへ。

f:id:travelingbag:20190518123506j:plain

ここは、最上階にテラスがあります。
夕焼けが綺麗!

f:id:travelingbag:20190507114239j:plain

景色はアンテナだらけですが・・・。

f:id:travelingbag:20190507114236j:plain

ホテルの近くに雑貨店があるのでそちらでミネラルウォーターを購入。
めっちゃ安いです。1.5リットルが50円ぐらい。

部屋は可もなく不可もなく。
ベッドは広いし、シャワーもお湯がたっぷり!
さっぱりしたし、さぁ寝るぞー!

今回は、同じ年代のご夫婦もいらっしゃったので話も弾み、楽しいツアーになりそうです。
明日からも楽しみ!