読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

エジプト旅行5 -アスワン・アブシンベル ー

ルクソール到着!
今朝は青のりたっぷりのお好み焼きの夢で目が覚める・・・。
あともう少しで食べられるところだったのに・・・!

そろそろ船の食事も限界が来ているのかも、というところでナイル川クルーズ船も終わりです。
スタッフの方は親切で愛想もよく、何よりも観光して船に帰ってゆっくり休んでる間に移動してるってのがバス移動より疲れがとれていいです。

食事も今から考えると贅沢な話で、現地に行ったら現地の味を楽しむ。そんな気持ちでいたらいいのかもしれません。
でも、やっぱお好み焼き、食べたい・・・!

香水ガラス瓶と香油

朝はガラス瓶と香油のお店でのショッピングで始まりました。
お店に行くまでのバスの中ではガイドのモーセさんが、ガラス瓶とオイルの素晴らしさを紹介します。
あいかわらずジャパネットたかたに匹敵するトーク炸裂です
でも、・・・わたしは買わないかな。実用的でないし。

f:id:travelingbag:20170120140601j:plain


店に入るとすぐにガラス瓶製作の実演ショー!
パンッ!とガラスが砕け散る見せ場があったりと結構楽しいです。

f:id:travelingbag:20170120140600j:plain

いろいろな花のオイルも紹介されます。
とてもいい香りですが、普段から香水もつけないのでそう興味もありません。
しかし・・・
モーセンさんのトークのせいか、なぜかダンナが食いついた!
昨日のポロシャツ購入で発火したのか、買い物脳に火が付いたようです。
結局、蓮(日本人の定番)オイルを36ドルで購入。
いつ使うんだ・・・?
そして、ガラス瓶。
実用品でないものは場所をとるだけで・・・と思うのですが、こちらもダンナがラクダのガラス瓶を選んで購入。日本円で1,200円ぐらいの小さな瓶です。
この瓶にお店からのお土産のサハラ砂漠の砂をつめます。
ふと回りを見ると、ガラス瓶をお土産にと皆さん爆買い!

このラクダのガラス瓶・・・、しばらくぶりに見ると、購入した時のダンナとのやりとり
「えー、そんなん買うん?
どないするん?使わへんでぇ!」

「ええやん!思い出になるやん」
とかが思い出されるので、これはこれでいいのかな・・・と。

未完のオベリスク

 観光は未完のオベリスクから。
途中でひび割れがしたので、未完成のままにされたオベリスク
どのようにしてオベリスクが作られているのかが分かるので、遺跡として残されています。
高台にあるのでアスワンの街が見渡せます。

f:id:travelingbag:20170119113535j:plain

そしてエジプトの街中で見かけられる未完のビルディング
ビルの上に柱が見え、まだまだ上に伸びそうな感じ。
でも、洗濯物が干してあったりと未完でも明らかに人が住んでます。
エジプト人はお金がたまってから上に増築していくのだそうです。
家族全員で住むので親の代で何階かを建て、息子の代でまた階数を増やすということもあるとか。
雨がめったに降らないのでこういうこともできるとガイドさんが言ってました。

f:id:travelingbag:20170119113534j:plain

f:id:travelingbag:20170121135537j:plain

バス乗り場に向かうまでの未完のオベリスクの近くの本屋。
ダンナがエジプトの観光案内本を購入したいとお土産ものが並ぶ本屋へ。
エジプト遺跡解説本を購入。英語版・・・読めない。
写真と画像を見るだけです。

f:id:travelingbag:20170119113537j:plain

バスに戻る途中にも、「ワンダラー!ワンダラー!」と土産物売りがやってきます。
そう言えばまだマグネットを購入していなかった。
いつも旅行に行くと冷蔵庫に貼るマグネットを購入するのが定番になっています。
ふと振り返るとダンナが土産物売りのツタンカーメンのマグネットに反応してるではないですか!
ほっておいたら言い値で買ってしまう!!
急いで交渉場面に加わると物売りは3ドルだと言ってる。
ダンナは2ドルだと言って、物売りも2ドルで応じようとしてる。
だめだ!1ドルだ!と割って入る。
物売りはダンナを見て2ドルと言う。
じゃぁ、いらない!と財布から2ドルを出そうとするダンナを連れ出そうとすると、物売りは1ドルでOKした。
物の状態から言っても1ドルで十分ツタンカーメン

ツタンカーメンのマグネットを見ながら、「1ドルの買い物をするのにもママの許可がいる・・・」とつぶやいたダンナがなんだか愛おしくなりました。

アスワンハイダム

ナイル川の氾濫をコントールするために作れられたアスワンハイダム。
このダムのおかげでナセル湖が誕生!
海みたいに大きいです。

f:id:travelingbag:20170119113538j:plainこのダムが建設されたおかげで、ナイル川はコントロールできるようになったけど、数々の遺跡が水没してしまうことになったそう。
その一つが今夜行くアブシンベル神殿
日本からのお金もたくさん入って高台に移動されたそうです。
「皆さんのおかげなんですよ」とガイドさん。

f:id:travelingbag:20170119113539j:plain

サハラ砂漠

ルクソールから約3時間かけてアブシンベルまでサハラ砂漠を移動します。
まっすぐな何もない道。
ひたすら爆睡。

f:id:travelingbag:20170119113540j:plain

と、ガイドのモーセさんの
「蜃気楼が見えるよ!」
で目を覚まします。
わぁー、はじめて見る本物の蜃気楼!
蜃気楼って本当にあるんだぁ!
小山の前に水があるように見えますが、バスが移動して角度が変わると見えなくなります。
これじゃ、砂漠をさまよってたら「水だ!」と間違えるわ。

f:id:travelingbag:20170119113541j:plain

何度もあらわれる蜃気楼を堪能した後は、ガイドのモーセさんから被り物の説明です。
エジプト人アラブ人では被り物が違うんだそうです。
わっかを乗っけるのがアラブ人

f:id:travelingbag:20170119113542j:plain

エジプト人はわっかはかぶらない。ねじって巻いて留めるんだそう。

f:id:travelingbag:20170119113543j:plain

ちなみにこの白い被り物の布とわっかのセットはクフ王のピラミッドで1$で売られています。
白い布にはmade in chinaと書いてあるけど・・・。だそうです。

そして宗教のお話。
エジプトは85%はイスラム教徒、15%はキリスト教で、モーセさんはキリスト教、運転手さんはイスラム教徒
こうやって仲良く仕事してますって。
エジプトでは、当初はキリスト教が多かったけど、イスラム教徒は4人まで奥さんを持つことができ、生まれた子供はイスラム教徒になるので自然とイスラム教徒が増加したそう。
それにキリスト教からイスラム教徒への改宗はできるが、イスラム教からキリスト教への改宗はできないそう。
すごいぞ、イスラム教の世界戦略!

アラブのお金持ちが作った砂漠のオアシス
ナツメヤシの木、オリーブ、ブドウなどヨーロッパ向けに栽培してるそうです。

f:id:travelingbag:20170119113544j:plain

農業用のナセル湖からの水路。
砂漠に突然って感じでびっくり!

f:id:travelingbag:20170119113546j:plain

そして、サハラ砂漠にどんどんできる新築物件!

f:id:travelingbag:20170119113547j:plain

アスワンから3つの検問所を通り、やっとアブシンベルに到着です。

ホテルはSETI ABUSIMBEL セティアブシンベル
コテージ風のかわいいホテルです。

f:id:travelingbag:20170119113608j:plain

f:id:travelingbag:20170119113604j:plain

部屋のテラスからは、ナセル湖が見渡せます。

f:id:travelingbag:20170119113605j:plain

ランチはホテルで。
パンは柔らかく素朴なお味。

f:id:travelingbag:20170119113559j:plain

このゴマのスープみたいなのものにつけてパンをいただくとか。
ダンナは「これはいける!」ときれいに食べておりました。

f:id:travelingbag:20170119113600j:plain

マンゴージュースを頼んだら、パックのジュースでした。
まぁ、これもエジプトです。

f:id:travelingbag:20170119113601j:plain

見た目は濃厚だと思ったのですが、食べると・・・やっぱ、コンソメ、ブイヨン等が足らん・・・!
これも・・・エジプトです・・・。

f:id:travelingbag:20170119113602j:plain

味がしないコメでした。

f:id:travelingbag:20170119113603j:plain

お昼からはゆっくりホテルを散策。
プールが夕陽に照らされてきれいです。

f:id:travelingbag:20170119113549j:plain

なんだかリゾート地に来たみたい!

f:id:travelingbag:20170119113550j:plain

アブシンベル

夜はアブシンベルの音と光のショーです。
映画や世界ふしぎ発見!でも見たラムセス2世アブシンベル大神殿
感動!

f:id:travelingbag:20170119113552j:plain

そしてすぐ近くにあるネフェルタリ神殿といわれる小神殿

f:id:travelingbag:20170119113551j:plain

音と光のショーがはじまる数分前にはすべての明かりが消され、真っ暗になります。
そして、星空をみあげると・・・!
天の川が見える・・・!
そうです。
残念ながら乱視とシニアになるにつれ、暗い場所では見えにくくなっているわたしにはかすかに光るぽつぽつの星だけ・・・!
残念すぎるぅ~!
眼鏡を持ってくるべきでした。

すぐにアブシンベル大神殿に映像と音楽が映しだされます。
ラッキーなことに、圧倒的に多い日本人(98%日本人)のために日本語ナレーターの歴史物語でした。

だけどせっかくの映像も眼鏡を用意してなかったせいで、ぼやけたままでした。
残念だぁ!後悔するぅ!

12月のエジプトは朝夜ともに寒く、ダウンが欠かせません。

砂漠の寒い夜にすっかり凍えながら、ホテルに戻るとディナーです。
見た目、から揚げも美味しそうだったんだけどなぁ・・・
塩コショウふりかけます。

f:id:travelingbag:20170119113607j:plain
ぶつぶつ文句言いながらも、その国の食を味わうのもまた楽しい思い出になるです。
エジプトで食べたあの時の料理は・・・なんて言いながら笑い合うのもまた楽しいんです。
さて、明日も早くから朝日のアブシンベル神殿です。
しょうゆ味が懐かしくなって夜食にぼんち揚げも食べたし。
さぁ、寝よ!