読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

フランス旅行4 -シャンパンツアー -

 

シャンパン試飲ツアー MUMM社

今日は楽しみの一つのシャンパンのカーヴを訪問!シャンパーニュ地方と世界遺産ランスの大聖堂」シャンパン試飲を楽しみます!
こういったツアーってハイソサエティな雰囲気の方が来られるのかしら・・・?
なんて少し緊張します。

と、構えるほどもなく、皆さんカジュアルです。

f:id:travelingbag:20160824162331j:plain各国からカップルで、または女性お一人で参加されてます。
やはりここでも、一人参加の中年男性はいらっしゃいません。
どの国も中年女性はアクティブです。

日本語、英語ガイドの方がガイドとして付きます。
バスでの移動中もいろいろとお話を聞かせていただけます。
でも、ほとんどの方・・・朝も早いので爆睡!
もちろん、わたしも・・・。
せっかくだから聞き逃したらもったいない・・・!
と思いながらも、どうやってもバスの揺れの心地よさには勝てません。

最初に訪れたのがMUMM(マム)社
F1グランプリの公式シャンパン作ってます。

f:id:travelingbag:20160825111912j:plain


まるで数十年前に息子とやったゲーム「ゼルダの伝説」みたいなシャンパン貯蔵庫の地下トンネルの中をぐるぐる見学します。
迷路のように巨大で、静かで、冷たくて、かびっぽいです。

f:id:travelingbag:20160825112818j:plain

シャンパンの澱を口の部分に集めるために下に向けて貯蔵されるそう。

f:id:travelingbag:20160825112820j:plain


1時間ほどシャンパンができる工程について勉強したあとは、お待ちかねの試飲です!

飲めるぞぉ~!

f:id:travelingbag:20160824160421j:plain

甘口と辛口の2種類から試飲を選べます。
ダンナとそれぞれを試しました。
辛口と言っても、甘いです。甘口はさらに甘い。
これが、本物のシャンパなんだぁ~!
白ワインをシャンパン風に炭酸いれたものじゃないんだぁ~!

味の良しあしはよくわからないが、飲みやすいのでグビグビいけてしまいます。
ここまで来たんだからとダンナが言うので、自分たち用に日本円で約2600円のシャンパンを買いました。
後日、家で飲みましたが、試飲した日本円で約1,000円のシャンパンとの差が、

まったくわかりません。(´・ω・`)

それでも日本で購入したら倍なので、4,000円相当のシャンパンを飲んだ!というだけで満足です。

MUMM社を出ると、すぐそばにチャペル・フジタ(藤田嗣治の教会)があります。
とってもかわいらしいです。
興奮したダンナは写真を撮りまくっていました。

f:id:travelingbag:20160824160422j:plain

ランスの大聖堂

MUMM社を後にして、お次は歴代フランス王たちの戴冠式で有名なランスの大聖堂へ。

f:id:travelingbag:20160826110316j:plain


シャガール
のステンドグラスが、いかにもシャガール

f:id:travelingbag:20160826110318j:plain

静かな風情のジャンヌ・ダルク。ここで戴冠式を行ったそうです。
19歳という若さで処刑という残酷な運命をどのような思いで生きたのか・・・と、思うと、豊かで平和な日本の生活に感謝です。

f:id:travelingbag:20160826110319j:plain


ランチタイムです!
ランス(REIMS)の町で自由に取ります。
時間がないので、大聖堂近くのカフェでランチセットを注文。
MENUは読めないけど、イマジネーションを総動員するとなんとなくランチセットであることが見えてきます。
もちろん、シャンパンも!
もちろん、わからないので上から順番に値段を見て注文。
シャンパンの本場なので、はずれはないはず。

シャンパンで乾杯して、前菜のサラダをいただきます。
すでに、このサラダでお腹いっぱいになってしまいました。
バルサミコ酢とオリーブオイルが甘いトマト、モッツァレラチーズにマッチして美味しかったです。

f:id:travelingbag:20160824160424j:plain

ダンナは、メインに鮭のクリーム煮。

f:id:travelingbag:20160824160426j:plain

わたしは鳥のクリームソースがけ。

f:id:travelingbag:20160824160425j:plain
どちらも美味しかったです。
量が多かったので、ほとんどダンナに任せてしまいました。

あと胃袋が二つほど欲しい!

胃袋満タンでバスに乗って、お次のシャンパン試飲ツアーに出発です。

シャンパンツアー MERCIER(メルシエ社)

満たされた胃袋と心地よいバスの揺れで、気が付けばもう到着。
あー、よく眠れる。
外観からしてお金持ちそうな会社です。

いっぱい試飲させてくれそう!

と勝手な期待を抱いてワクワク!

f:id:travelingbag:20160826110321j:plain

入った瞬間に大樽の出迎え。
なんでもパリ博で使用されたものだそうで、ここにシャンパンを詰め込んでふるまったそうで、当時は大人気だったそう。

ますます大盤振る舞いの試飲が期待されます!

f:id:travelingbag:20160824160427j:plain

エレベーターで地下に降りると、ディズニーのアトラクションみたいに乗り物が待ってます。
すごい・・・!
さすがに金持ちの会社だ!
金がかかってそうなエレベーターや設備にすっかり魅せられて、試飲への期待値も上がりっぱなし!

f:id:travelingbag:20160824160428j:plain

乗り物にのって巨大貯蔵庫を見学します。
日本語の音声ガイドが用意されています。
遊園地のアトラクションみたいでみんなワクワク!!楽しいです!

そして、お待ちかねのシャンパン試飲!
綺麗なお姉さんがいます。
スタッフにもお金がかかってそうです。

f:id:travelingbag:20160827102040j:plain

期待したけど・・・

残念ながら1杯だけでした・・・。(´・ω・`)

お金持ちは、ケチなのね・・・。
勝手に期待したわたしがバカだったわ。

気を取り直して、シャンパンを楽しみましょう!
お味はほーんの少し辛口です。
3種類並べてあったので、「わたしたちが今飲んでいるのはどれですか?」
ジェスチャーでたずねてみました。

一番安い1,000円程度のものを示されました。
その瞬間、
なんで一番安いの?
中間から勧めるんものじゃないの?
ていうか、

3種類飲ませろよ!

と・・・。思った小市民です。
それでも、せっかく来たのだからと家飲み用に2,600円程度のものを購入。
「やはり、5,000円は出せんなぁ・・・」とダンナと。
というわけで、せっかくシャンパーニュまで来て、もちろん1万円以上のシャンパンは試飲できず・・・です。

まぁ、1万円以上のシャンパンは、憧れの対象に取っておいときましょう!
そしたら、もうあかん・・・って思った時に、
「まだ1万円のシャンパン飲んでないから、死ねん!」
と、生きる意欲につながるかも!

180ユーロのツアーにしては、シャンパンの試飲が2杯だけ・・・。というのは悲しかったけれども、地下貯蔵庫の見学など、初めての体験ができてそれなりに満足です。

さて、パリにもどって夜ご飯!
結構、遅い時間だったのでツアー会社近くのカフェレストランでディナーにしました。
お店の表のメニューボードに日本の国旗が貼ってあったんです。
日本語メニューがあり!ということです。

前菜にシーザーサラダ!

f:id:travelingbag:20160827211522j:plain

そしてコリコリしたエスカルゴ!
ダンナは、エスカルゴ初体験!
感想は・・・

微妙・・・だそう。

f:id:travelingbag:20160827211821j:plain

メインに鴨とポテト。鴨肉が柔らかく美味しかったです。

f:id:travelingbag:20160827211823j:plain

羊です。
なんだか臭みが・・・、すいません羊さん!
イマイチでした。

f:id:travelingbag:20160827211824j:plain

 
食事の後は、ホテルの帰り道に朝食用の買いものです。
シャンゼリゼ通りのPAULではパン、スーパーでチーズやらハムを購入。
明日は3年ぶりのモンサンミッシェル
今回は修道院の中にも入れるので楽しみです。
さぁ、明日も早いから寝よ!