読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

バリ島旅行2 ーブサキ寺院、キンタマーニ高原編ー

朝だ!バリ島だ!
今、バリ島にいるのね!わたし!
お天気もよいし、テンション上がるぅ~!

今日は、予約しておいたオプショナルツアーのVELTRAで予約しておいた
「ブサキ寺院 +
キンタマーニ高原 貸切観光ツアー 選べる観光地」ツアー
で一日を楽しみます。

日本語の流暢なガイドさんとの貸切ツアー。
話題のマンネリ化してる熟年夫婦には、ちょっと寂しいけど、まぁ楽しみましょう!

最初に訪れたのは、日本人にいえ、日本人のみに人気があるというASHITABA の籐製品の製造販売店へ。

f:id:travelingbag:20160315132154j:plain


ガイドさんは「日本人の方がよく買って帰る。日本の服に合う。浴衣に合う」と言っていました。
浴衣???と思ったけど・・・
まぁ、浴衣に合いますね。
姑さんと自分用に籐のバッグを買って、自宅用に何枚か鍋敷きように購入。
ついでにうちのネコのベッドになるかしらと・・・

f:id:travelingbag:20160317161445j:plain
小さかった。
ASHITABAは、空港で買うより安くて、スーパーで買うより高いけど、質がとてもいいので他の籐製品とはその違いが判ります。
日本でもよく見るこの籐製品、バッグやコースターでもよく見かけるのです。
でも、今回、手作業の製造過程を見学してぐぐーんと、思い入れが深くなりました。
一つ一つ丁寧に編んで仕上げた製品です。
大事にしようっと!

姑さんと自分用の籐のバッグとお盆に鍋敷きやお箸をASHITABAで購入した後は、バロンダンス鑑賞です!
ここもロシア人がいっぱい!

f:id:travelingbag:20160315132210j:plain

この猿がとってもいい動きをしてくれて、笑わせてくれます。
独特の音楽と分かりやすい動きで、何もわからずに座っていても十分に楽しめます!
毎回、旅行先の国や文化について勉強しなくっちゃ!っと思いながら、旅行当日になってしまい、まぁ、飛行機の中で勉強すればいいか・・・!
が、結局、飛行機の中では爆睡。
これの繰り返し・・・。
日本に帰ってきてから、旅行先の番組などを見て、「なるほどぉ~!そういうことだったのね!」ということが多々ありです。

f:id:travelingbag:20160319101838j:plain

 
お次は、魔女の顔を持つとして遺跡というゴアガジャ遺跡へ。

f:id:travelingbag:20160319103954j:plain


日本語の話せるガイドさんと、うだうだ話ならがテガラランライステラス(棚田)へ。 
ガイドさんは30代前半の男性で、日本へは会社から一度だけ連れて行ってもらったとのこと。
日本の感想を聞くと、
「びっくりした!トイレの蓋が開いた! びっくりして飛び出した! 隣のトイレに入ったら、またトイレの蓋が開いた! びっくりした!」
なんだそう。人の多さにも、電車にも驚いたそうです。
とっても素朴な感じの青年です。

f:id:travelingbag:20160319104354j:plain


お次は、日本人には覚えやすい名前のキンタマーニ高原へ。
ガイドさんも、日本人が一番よく覚えるとのこと。
バトゥール山とバトゥール湖が見えて、バトゥール山からの溶岩の流れ跡に、火山好きのダンナは大喜び。
この景色を眺めながらテラス席でランチです。

f:id:travelingbag:20160319105330j:plain

ランチは、オプショナルツアーに含まれています。
バイキング形式なので、それなりに・・・
焼きそばは、中華風で美味しかったかな。
ここで使われている籐のランチマットと同じものを、先ほどASHITABAで購入しました。家では、鍋敷きとして活用しています。
買ってよかったものの一つです。

f:id:travelingbag:20160315132215j:plain


ランチの後は、ヒンドゥ教の総本山ブサキ寺院へ。
ここは、ひとりひとりに腰巻の布が与えられます。
腰に布を巻いただけでも、なんだか楽しい♪
しかし、暑い!

f:id:travelingbag:20160319113059j:plain

もうすぐお祭りだということで、白い衣装の人々が準備を初めていました。
お供え物をたくさん運んでいます。
バリでは、このチャナンというお供え物を至る所で目撃します。
ガイドさんの車のフロントにも、ホテルのカウンターにもあちこちにあります。
風の神様、水の神様など自然の神様があちこちにおられるとのことです。
女性は一日に何度もこのチャナンを作ってるそう。
ガイドさんの「お供え物をちゅくってる」という日本語の発音が、かわいかった~!

f:id:travelingbag:20160319111723j:plain

お次はスマラプラ宮殿へ。
王様が会議などに使用した場所だそうです。
オープンさがなんだか素敵。
天井には、庶民たちの出生から婚約、結婚、出産、戦争、死に至り、そしてその子供の成長、婚約、結婚、と繰り返して描かれています。
ガイドさんの解説を聴きながらだと、こういう天井画も急に生き生きします!
知ってから見るのとなにも知らずに見るのとでは、えらい違い!

f:id:travelingbag:20160319113506j:plain

この後はウブドの繁華街で自由時間!
せっかくなので、バリ島らしいリゾートドレスを買って着よう!
ということで、私はロングのノースリーブドレス、ダンナはバリ島らしい柄シャツを購入。
ウフフ・・・!明日はこれ着ようっと!
バリ娘になるのぉ~~!

と、ディナーの時間。
ガイドさんに、近くの美味しいというお店の前で下してもらいました。
1時間ぐらいのディナータイム。
ガイドさんの車がないと公共交通機関ががないところが、先進国とは違いますね。

f:id:travelingbag:20160315132224j:plain

おいかったぞぉー!
けだるい暑さの中、ビールがうまい!
熟年夫婦ふたりの旅行では、料理がまずいとほかに話すこともなく、視線が泳いでなんだか気まずい。外国にまできて、リビングと同じ話題は避けたいし・・・。
なので、料理はとても重要なポイント。

f:id:travelingbag:20160315132222j:plain


今日の予定はこれで終了。
かわいいガイドさんとも、今日でお別れ。
解説も楽しかったので、思わずチップもはずみます!

明日は、ウルワツ寺院ケッチャックダンスです!
明日もいいガイドさんに出会えるといいなぁ。