読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

スペイン旅行1 -ミハス編ー

インスタンブール乗り継ぎスペインへ

今回のスペイン旅行は、日本旅行の【旅コロンブス】添乗員同行 スペイン6日 ターキッシュエアラインズ利用 エコノミークラス 燃油込6日間129,800円と格安ツアーです。2月9日から2月14まで。

いつも安いツアーを利用しているのですが、それにしても、添乗員付き、食事付きでこの値段は安い。きっとそれなりなんだろうけど、自力で行くより安く行けるのでこのツアーに決定!

と、おもったら、同じように安いと感じた人がたくさんいたのねぇ〜。
なんと36名のツアーだそう。そんなに詰め込まなくても・・・

げっ・・・! トイレがたいへん。
熟年になるとトイレ休憩には、全員が必ず行くので混雑になるのは予想できる。ハァ・・・(-_-) 

と、しばらく思っていたけれど、36人もいれば、いろんな人がいるはず。
それは、それで面白いかも!と思い直し、どんな人が来るのか楽しみです。 

共通点は安くて効率よく旅行がしたいということかな。
それだけで色々話も弾みそう!
トリップアドバイザー で、自由時間に行く評判の良いバルも決まり!
 

いよいよ出発です

関空に着くと、もう気分はハイテンション!

スッペイン! 待ってて、スッペイン! 行くわよぉ~!

旅行以外で夫婦でハイテンションになることはまずないです。
夫婦で一緒にいる時間も長くなるので、お互いに不機嫌になるような発言は自然と避けます。でないと旅が台無し・・・!
長いこと生きて、いろんなことがあって、少しずつ大人になりました。

トルコ航空で13時間、イスタンブール経由でマラガに入ります。

トルコ航空(ターキッシュエアライン)エコノミー機内食

関空を夜中に飛び立ってしばらくすると夜ご飯。
トルコ航空の食事は、毎度ながら美味しい。
さすが、機内食ランキングでいつも上位にいるはずです。

ホワホワのパンがおいしい!
フワッフワッの卵もおいしい!
ワインはミニボトル1本!ごきげーん!
映画を見ていたはずだけど、ワインの酔いのせいか途中で爆睡・・・!

f:id:travelingbag:20160219125109j:plain

 

 気が付くと2度目の食事である朝食。今度はリゾット。
ホタテも入っていてこれは、ほんとおいしかったぁ!

f:id:travelingbag:20160219125110j:plain

だんなは、こちらを注文。マッシュルームが料理によく使われています。

f:id:travelingbag:20160219125111j:plain


美味しすぎて
2回の食事は完食です。
イスタンブールのトランジットは4時間。
たっぷり時間があるので、ナルニア国物語に登場するロクムというお菓子を試食します。たっぷりあるので、全種類を試します。

もちろん、お土産にも!
トルコ航空に乗ると、まずはこのロクムで歓迎してくれます。もちっとして美味しい!ピスタチオ入りのトルコ航空で出されるものと同じものを購入!

f:id:travelingbag:20160219125114j:plain


まだまだ時間があるので、お土産ものやさんで目玉のキーホルダー(トルコの名産品のお守りです。)を買って、2Fのなるべく人の少ないカフェでチョコレートとコーヒーをいただきました。

f:id:travelingbag:20160219125112j:plain

さて、もうひと頑張りです。
イスタンブールから4時間半でマラガへ。
朝食もおいしい。これも完食!
トルコ航空=美味しい が完成!

f:id:travelingbag:20160219125117j:plain

真冬だけどあったかいミハス

やっと、マラガに到着。

2月だけど、暖かい。
日本の5月のようなさわやかさ。冬のスペインは旅行代金も安くてお勧めかも!

 マラガ空港からバスで30分。ミハスへ向かいます。

白い村ミハスは、白いかわいい家と坂道の小さな村。
1時間の自由行動があるので村を散策します。

青い花鉢とのコントラストがとても綺麗。

しかし、気温は22度。暑い!
日本から着てきたダウンコートは、すでに邪魔物。
西洋人の方は、もちろん半袖。彼らは、すぐに半袖。
2月の寒い日本でも半袖で歩いている方を見かけます。体感温度が違うのね。

f:id:travelingbag:20160219125144j:plain

お土産物屋さんをひやかしながら散策します。
バッグなどの革製品が多いです。
バッグ!バッグ!と、つい景色を見るより鼻息が荒くなってしまいます。

f:id:travelingbag:20161021124803j:plain

そんな鼻息の荒い妻の気も知らず、ダンナはどんどん村の上を目指します。

村を上がると見えてきたのは、小さな闘牛場と展望台。
今は博物館みたいになってるようです。有料で見学できます。

f:id:travelingbag:20161021124805j:plain


あー、すがすがしい景色!

f:id:travelingbag:20161021124804j:plain

小さな村なので1時間もあれば十分散策できます。

f:id:travelingbag:20160219125157j:plain

散策の後は、あまりに暑いのでオレンジジュースをいただきました。
お姉さんが生オレンジを絞ってくれた100%果汁。
うまい!
つまみに砂糖でくるんだアーモンド。これもほどよい甘さです。

f:id:travelingbag:20160219125159j:plain

 黄色のポストがかわいいミハスの郵便局

f:id:travelingbag:20161021124807j:plain

2月のスペインは穴場だと聞いていたけど、その通りかも。
観光客はほどよいぐらいです。
春夏になるとすごい数らしいです。
あったかく老後に過ごしやすそうな気候のミハスの村もお別れです。

f:id:travelingbag:20161021124802j:plain

ミハスの白い村を堪能したあとは、アルハンブラのホテルへ。
今夜はやっと足を伸ばして眠れるぅ!
ホテルは大理石をふんだんに使われたアルバンブラ宮殿の近くのホテル。
清潔さもお部屋もいい感じ。
だけど、お隣さんの咳払いやトイレの音はだだ漏れ。気を使う。
変な音出せない・・・。

f:id:travelingbag:20160219125209j:plain 

お腹も空いた!

ディナーです。バイキングです。
バイキングはあまり期待してなかったけど、結構種類もあるし、味もいい。
レタスがシャキシャキで新鮮!
さすが、温暖な国です。オリーブオイルでいただく野菜類が新鮮です。
赤ワインで乾杯です!

f:id:travelingbag:20160219125210j:plain

 

さて、だいたいこのあたりで36名のツアーの顔ぶれが判別してきました。
今までは高齢者が中心のツアーにばかり参加していたので、今回は意外と若い!というのが印象。女子二人旅、親子(母親と娘)参加、新婚カップル、新婚後カップル、一人旅の女性が二人、一人旅の男性が一人、熟年夫婦は私たちとあと二組ぐらい。
期間も短く、祝日をはさむを2日間有休をとるだけで行けるヨーロッパ、というのが魅力だったようです。

仕事をしていると有休は堂々と取っていい権利のはずなのに、取りにくいです。
なので、私は先に周囲の方に宣言してます。


「いつ病気になったり、いつダンナと離婚するかも分からないので、後悔しないように今できることは、今しておく!
世界情勢も不安で、来年はあの国には行けないかもしれない。だから今、行ける時に行っとくわ~!」
って。

 

あー、そうなんですかぁ・・という周囲の反応から了承を得たと思ってます。 

ホテルの周りを散策したかったけど、あいにく真っ暗。
グーグルのストリートビューで確認したけど、あまりお店とかも近くにはない感じ。
ので、ホテルのバーでスペインのビールを頂くことに。
結構、濃厚でいけます!

f:id:travelingbag:20160219125214j:plain

 

赤ワイン2杯とビールでだいぶ酔いも回ってきたところで、お風呂に入って寝ることに。
シャワーを浴びてるとシャワールームにまでダンナの怒号のようなイビキが。。。
そう、ダンナは無呼吸症候群
旅行に出るときは、夜のお友だちCPAP装置をもっていきます。電源アダプターはもちろんのこと、延長コードは必須です。枕元に電源はあるとは限りませんので。

飛行機の中ではいびきが迷惑にならないかと心配したけれど、安いツアーの席はエンジン翼の横が多いので、騒音でいびきもかき消されるから大丈夫。
なので、CPAP装置はトランクの中です。
家の寝室では首を絞めたくなる騒音も、飛行機の中では太った猫のいびきぐらいの大きさです。

 さて、明日はアルハンブラ宮殿
現地3日間しかない短い旅行なので、寝るのがもったいないくらい!
でも6時30分起床なので寝よっと!

アルハンブラの後は、ラマンチャを経てマドリードです。
ワクワクするぅ!