熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

スペイン旅行4 -バルセロナ編ー

バルセロナ

朝だ!

6時前です。
熟年になると長い時間寝ているのは、骨が痛くなってつらい・・・。
まだ真っ暗・・・!
今日も雨は降っていない様子!よかった!
もうスペイン旅行の最終日。早すぎるぅ〜!
買い物できるかしらん?
と、ここまで自由時間も少なかったので物欲が満たされていない。


ホテルの定番のハムやチーズの朝食の後、サグラダファミリアへ向かいます。

f:id:travelingbag:20160227141032j:plain


すでにたくさんの観光客でいっぱい!
天気もよく、青い空にサグラダファミリアがよく似合う。

f:id:travelingbag:20160301115757j:plain


2025年あたりに完成じゃないかとガイドさん。
門扉を作ったのが日本人という説明を受けて中へ。
おぉ!!すごい!
これまたTVでも見てたけど、やはり圧巻です。
白い森の中にいるみたいな柱のアーチ。
そして、明るいステンドグラス。
どちらかというと暗い重厚な雰囲気の教会と違って、どこかのアトラクションみたいに、明るくて、かわいくて、綺麗で、清潔感あふれる空間です。
この白っぽさがいい!

f:id:travelingbag:20160301115111j:plain

そりゃ、建設するのに時間がかかるよねという細かい細工。
すばらしい!のひとこと。
ここで働ける人たちは一生完成するまでが長いから一生働けるし、おまけに自分の手がけたものが世界遺産で、たくさんの方々に見ていただけて「俺はサグラダファミリアをつくってるんだ」って世界共通で自慢できるじゃん!
いいなぁ、うらやましいじゃないか!
まぁ、そんなことはともかく、美しいです
写真も撮りまくりです。
観光客は、天井が高いので上を向いて、みなさん口を開けて写真撮影。

f:id:travelingbag:20170615130208j:plain

f:id:travelingbag:20170615130202j:plain

f:id:travelingbag:20160301115113j:plain

サグラダファミリアを十分に堪能したあとは、近くのおみやげものやさんへ。
ガウディっぽいトカゲの置物を購入。
置物をばかり増えてどないすんねん!とおもったけど、まぁ、旅の思い出に。

f:id:travelingbag:20170617103422j:plain

おみやげさんの後は、3時間の自由行動。

さぁ!効率よくさっさと行くのよ!
と、張り切って歩きだしたら、だんなの速度が遅い。
え!?お腹の調子が悪いって!食欲がないって!
ピーピーやって!? えぇ~!?
なんて、テンションの下がるお言葉。夫婦で参加しているダンナさんもお腹の調子が悪いって。わたしたち女性は平気なのに。同じもの食べてるのに。なんでぇ~???
男の人ってほんと腸が弱い。
仕方がない、ゆっくりとトイレ休憩を挟みながら移動しよう。
目指すは市場。
色とりどりのフルーツやハムが並び、すでに市場の入口から

 

物凄い人。

f:id:travelingbag:20160304134445j:plain


トリップアドバイザーで調べた、評判のバルを探し出します。

探し出すのが大変でやっと見つけたと思ったら満員。

ぐるぐる市場の中を見学していると、運よく席が空いたのですかさずお尻をイスに乗っける!

f:id:travelingbag:20160309110152j:plain


この日のために覚えた英語「What do you recommend?」を使ってみる!
おぉ・・・!通じた!
お勧めは、貝とひよこ豆とのこと。

f:id:travelingbag:20160309110153j:plain

 

ひよこ豆はお腹の調子ががよくないダンナと分けるには多すぎたけど、にんにくとオリーブオイルでいい味だしてました。

f:id:travelingbag:20160309110154j:plain


味しそうなエビがあったので、エビも注文。
そしてエビ!

興奮しすぎて、写真に撮るのを忘れてかぶりつき!
調子が悪いくせに、ダンナも我慢しきれずかぶりつき!
さて、長居しては後ろに待っている人に迷惑になるので、さっさとお勘定。
ビール2杯と2人前を3皿で5000円くらい。
決してお安くはない。エビが高かったのか。
レシートないからわからない。まぁ、おいしかったしいいや。

市場を出て、ガウディの建築やゴシック地区を散策。
観光客がどこもゾロゾロ・・・

f:id:travelingbag:20160309110155j:plain


アッという間に、集合時間までの時間もどんどんなくなってくるぅ!
娘におみやげ、息子におみやげ、ついでに姑にと思いつつ、頭の中は自分のバッグが債優先。
歩き疲れたところで、トイレ休憩を撮ろうとデパートのエルコルテイングレスへ。
トイレはB2の分かりにくい場所にあります。各階にトイレはありません。

バッグ、バッグと思いつつ、スペインブランドのロエベは高すぎるし・・・、
手の出せる金額のバッグはついに見つけられず。その代わりに旅行に行った先々で集めているパンドラのブレスレットのチャームを購入。
もちろんチャームは、サグラダファミリア
また、1つ増えた。嬉しい!

f:id:travelingbag:20160309132751j:plain


と、もう集合時間。娘にと息子の土産がまだだ。あとは空港で適当に見つけよう。
あと、1日バルセロナに滞在したかったなぁ。

という間に、バスで空港へ。
バルセロナの空港は、イスタンブールに比べると免税店が少ないのです。
ここでなんとか娘のセーターと、息子はチョコレートでいいか・・・とお土産を購入。

f:id:travelingbag:20160309110157j:plain


トルコ航空
に乗ってイスタンブールで乗り継ぎ後、関空へ。
毎回、このトルコ航空機内食は美味しさに感激です。
もしかしたら、今回の旅行では機内食が一番?なんて・・・。
パンが美味しいんです。
飛行機の一番後ろには、おにぎりなんかが用意してあって、自由に食べることができます。
それにしても、さすがにハブ空港
出発時は、何十機もの飛行機がきれいに並んで順序よく出発します。
大阪の地下鉄御堂筋線なみに次から次へと出発するんです。
たしか・・・、関空ハブ空港にするんだ・・!って誰かが言ってましたっけ?
うーん・・・、ハブ空港イスタンブールインチョンシンガポールと比較するには規模が違うのですが、それでも、無理じゃね?と思うのは私だけではないはず。

f:id:travelingbag:20160309110158j:plain

f:id:travelingbag:20160309110159j:plain

f:id:travelingbag:20160309110201j:plain

たらふく食べて、気が付いたら関空へ到着!
現実に引き戻されるぅ!
家、燃えてないかしら・・・?とふと思う。


スペインは、2月にしたら気候もよいし、観光客も他の季節に比べたらこれでも少ないらしいので、冬旅行はおすすめです。
あっという間の6日間。129,800円のスペイン旅行もおしまい。
36人もいると、自然と年代別にランチやディナーの相席になることが多いです。
そりゃそうだ!
若い席の方の話を聞いてると、学部がどうだのとか大学の専攻の話で盛り上がっている。
何十年も前に卒業したわたしたちには、もう遠い昔の話。

1人参加の方は、ご自分の時間を楽しんでいるか、1人参加者同士で行動されたりしてます。
今回のような6日間という短い日程で、祝日をはさむツアーの場合、ほとんどの方が仕事をされていて会社を休んでの参加です。ので、年代層が若い。
熟年夫婦のわたしたちは、あまり仲間がいなくてちょっと寂しかったかも。

ツアー旅行は、いっしょに食事をするツアー仲間も旅の楽しさを左右します。
今度は、年齢相応のツアーに参加しよう!と思いながらも、優先度は「価格」になるのでした。

今回は、買い物不完全燃焼、スペイン料理不完全燃焼!ということで、
もう一度行きたいぞ!スペイン!
「再度訪れる国」フォルダに入れて記憶しておこう!