読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

スペイン旅行2 -アルハンブラ・マドリード編ー

アルバンブラ宮殿

雨だ・・・! 残念!

うぅーーーん、まぁ、しっとりしたアルハンブラ宮殿もよいものかと・・・
無理矢理だが、ポジティブ思考で行こう!

スペインに着いて2日目。隣の声がよく聞こえるホテルも今日でさよなら。

朝集合したら、歩いてすぐのアルハンブラ宮殿に向かいます。
なんせ、36人なので場面ごとに人数を数えます。
添乗員さんも大変!
何かいい方法はないものかしら?
そもそもやっぱり、36人はやはり多すぎる。
男性8人に対して女性の圧勝です。(一人旅の男性を除いて、ほとんどが女性側から希望しての旅行だそう)
ランチやディナーの相席で情報収集の結果、だいたいの方が今まで数カ国の海外旅行経験者。一度行きだすと止まらないのが海外旅行。

普段の家事から解放されて、心も身も軽やか・・・!

身はなかなか軽やかとは言い難いけど・・・。
毎日の食事の支度や家事から解放されて、サービスを受ける側に回るのは、なんと気持ちのよいことか・・・。
旅行に出る女性のほとんどが、この日常からの解放を求めてるんじゃないかと思っちゃいます。


さて、そんなことをグダグダ考えているうちにアルハンブラ宮殿に到着。
観光シーズンはものすごい混雑だそう。
2月ということもあって、これでもぐっと観光客は少ないらしい。
36人は2組に分かれて観光。

f:id:travelingbag:20160219125228j:plain

 

とても繊細なレースのようなイスラム教の雰囲気が溢れる彫刻にうっとりです。
王様や美女がここでどんな生活を送っていたのか、想像力が不足気味なので、出来たら映像で再現してくれたら。。。王様はジョージ・クルーニーでお願いします。

f:id:travelingbag:20160219125303j:plain

 
労働をしない1日なんて、長いんだろうねぇ。
仕事してると1日が長く感じるけど、休みの日は早い。
この宮殿のハーレムの女性たちの1日はどうだったのかしらと。

 

f:id:travelingbag:20160219125242j:plain

 

高台から見るアルハンブラの街。スペインは赤い色の屋根が多いです。
ヨーロッパでは、屋根の色や高さをそろえて、街並みを綺麗にしています。
異文化の建物がとても素敵に見えます。

f:id:travelingbag:20160219125306j:plain

 

夏の宮殿。チケットを見せて入ります。
しかし、この宮殿に住んでいた人たちはこの宮殿内からなかなか出なかったのかしら?
それも、なんだか・・・。だから退屈しないように庭園とかあるのかしら?
なんていろいろ想像。

f:id:travelingbag:20160219125330j:plain


ランチは、アルハンブラの街のレストランで。
またまたフレッシュオレンジジュース!
サラダとマッシュルームと豆類の前菜。
日本人好みの味のように感じます。とてもおいかったです。

f:id:travelingbag:20160219125344j:plain

 

メインはイカスミのライス。
これまた、美味しかった。
安いツアーのくせになかなかやるじゃん!
とおいしいものをいただくと、評価が上がる。

f:id:travelingbag:20160219125345j:plain

 

デザートは、アイスクリームでは、なくてバニラのラクトアイス。
安いツアーのお決まりデザートです。
アイスクリームがよいけど、高いんでしょうねきっと。


いずれ行きます! 高いツアーも! ビジネスクラスで!
足腰が弱ってくるその日には。

それまでは、身分相応なツアーで十分!
と、自分に言い聞かせる・・・。

f:id:travelingbag:20160219125346j:plain


ランチのあとは、ラマンチャにバスで向かいます。
ドンキホーテで有名なラマンチャ地方へ風車を見に、ひたすらバスで4時間走ります。外の風景は、ほとんどがオリーブ畑
広大なオリーブ畑
ずーっと、オリーブ畑

もういい、わかった!
オリーブオイルをお土産に買います!
という、気にさせられました。

f:id:travelingbag:20160531113612j:plain

ラマンチャ

ラマンチャに到着。
青空になり、写真を撮るにはいい感じです。

風がきつく、髪の毛がうねる!
逆立つ!
顔にビシバシ当たる!


強烈な扇風機で下から煽られている感じです。
こんなところにスカートをはいていたらアホです
もちろん、そんな観光客はいませんでした。
飛ばされそうになりながら、写真撮影。
Windowsの壁紙用にアイコンを並べるために左側を空けて撮影。
観光客を入れずにの撮影は難しいわ。

f:id:travelingbag:20160219125407j:plain

マドリード

ラマンチャに行ってきました!」の写真撮影の後は、2時間かけてマドリードに向かいます。
マドリードのモダンなインテリアのホテルへ到着。
どうもビジネスホテルような感じ。
フロントにはビジネスマンらしき紳士が並んでます。
しかし、イタリア人といい、スペイン人といい、スーツはこのように着るのよ。という見本みたい。
まっすぐな足に、胸板厚い彼らのために男性スーツはあるんだと、またもや思ってしまった。
ビジネスマンホテルでたまたま見かけたビジネスマンですらモデル並みのレベル。

すごい。皆、イケメンに見える。
日本女子が外人に弱いのは、必然・・・かも!

f:id:travelingbag:20160219125436j:plain

 

この後、オプショナルツアーで7000円のフラメンコショーへ出かけます。
マドリードの街中で、ディナーを楽しみながらのショー。

このディナーが悲しかった。
サラダは、もう定番、シャキシャキレタスにトマトなど。

f:id:travelingbag:20160219125420j:plain

 

メインが・・・えっ?これだけ?
イカと魚の揚げ物。
生臭さが残っていて、おいしいとはいえない。
みんなマズイって言ってた。

f:id:travelingbag:20160219125424j:plain

 

デザートは、お決まりのラクトアイス。
ちょっと悲しくなりました。
今度、フラメンコショーを見る機会があったら、1万円以上で!

f:id:travelingbag:20160219125425j:plain


けど、フラメンコショーは素敵です。
ちょっと、熟女っぽい女性がショールを巧みにつかって、タップダンスのように踵を鳴らして迫力あるステージの後、登場したのが男性のダンサー。
これがよかったぁ!
いやぁ、7000円のでこのディナーというのは、本当のところいったいいくらなの?
って感じだったけど、もう関係ない!


たくみなタップとこのヒップ!
踊りもすばらしかったし、スタイルが素敵で筋肉がしなやかで・・・
お持ち帰りしたくなります。ウフッ!

同席していた女性も全員が前のめり状態!
奥の席にまとまって座ってらしたイスラム系の女性たちも大興奮して拍手をしていたそうです。
イケメンは、ワールドワイド!
興奮して飲み過ぎて、この夜は、夢の中でもフラメンコの曲がしばらくリフレイン!

f:id:travelingbag:20160219125426j:plain

ホテルに帰ったのは23時過ぎ、バブルのお風呂に入って爆睡。
明日は、プラド美術館見物の後、AVEバルセロナに出発です。