読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

イタリア旅行4 -ピサ・マナローラ・フィレンツェ編ー

ピーカン続きのイタリア旅行!最高じゃないか!
朝です。ピサに向かって出発です!
昨夜爆睡したにも関わらず、バスに乗るとまたもや爆睡。天気がよいとほんと眠い。

ピサに到着!お土産物屋さんをひやかしたあとは、まずはランチです。

f:id:travelingbag:20160123103318j:plain

 

ピサの斜塔近くのレストランはこちら。人が少ないと少し寂しい。

f:id:travelingbag:20160123103321j:plain

 

ペペロンチーノ。量が多いかと思ったけど、しつこくないのですんなり胃袋へ。

f:id:travelingbag:20160123103322j:plain

 

ん?学食みたい? お味はまぁまぁです。
もう、ここまで来たらツアーの食事には過度な期待を持たないことにしました。

f:id:travelingbag:20160123103323j:plain

 

デザートは、ティラミス・・・みたい。きっと。(-_-)
学食みたいなプレートといい、コンビニみたいなティラミスのカップといい、食は器から!と思った。
いろいろ考えると悲しくなるので、食べ物のことはあまり考えないにしようっと。

f:id:travelingbag:20160123103324j:plain

 

ランチの後はピサのドゥオモ広場へ。各国の観光客がいっぱい!
人がたくさんいるとテンションもあがるぅ!

f:id:travelingbag:20160123103319j:plain

 

ここで外国人のカップルに写真を撮ってほしいと頼まれ、斜塔をバックに写真を撮ってあげました。すると、たぶん、今思えば「Would you like me to take our picture?」と言われたのだと思いますが、その時は「う・・・・なんちゃら」しか聞こえず、分からずとっさに「Yes!Yes!」なんでもYes!

・・・写真を撮ってくれました。
あー、英語を話せるようになりたいと・・・
と思った瞬間でした。

ピサの斜塔では、斜塔の先端をつまんだり、斜塔を支えたり、私たち夫婦も年甲斐もなくトリック写真を撮って楽しむ♪

f:id:travelingbag:20160130115143j:plain

 

お次はマナローラです。ここへは海岸沿いのきれいな景色を楽しみながら電車で移動。

f:id:travelingbag:20160130140919j:plain


車内は韓国人の観光客、ヨーロッパ系などいろいろ。
韓国の観光客は若いカップルか女子二人旅が多かったような気がします。
中国人はは若いカップルか家族、もしくは団体。

さて、写真はチンクエ・テッレという断崖に作られた世界遺産のカラフルな町です。

f:id:travelingbag:20160123103327j:plain


道路にボートがありますが、昔は家まで船で来れたそうなんです。
海から帰ってきたときに同じような家が並ぶので、自分の家が分かるようにカラフルにしたとのことでした。

f:id:travelingbag:20160123103328j:plain

 

散策後は自由時間が40分ほど。その間にトイレを借りたコーヒーショップでアイスコーヒーを堪能。ほんとはもっとおしゃれに何とかラッテとか頼みたかったけど、イタリア語がわからず「コーヒー!コールド!」と叫んだらこれが来た。
勇気がいるんです。周りのおしゃれなイタリア人に圧倒されると。小心者と自覚。
そんなことはさておき、のどが渇いていたのでおいしかった。

f:id:travelingbag:20160130140808j:plain

 

眺めも抜群!f:id:travelingbag:20160130140829j:plain

 

この後、電車に乗って、バスに乗って、爆睡してたらフィレンツェ
ミケランジェロ広場から見るフィレンツェの街並みは、もう夕焼けに染まっています。

f:id:travelingbag:20160123103340j:plain

 

この夕焼けを撮るのに観光客がいっぱいです。
ここでは、各国のカップルも肩を寄せ合って自撮りしまくりです。

特に目立ったのが、韓国や中国のカップル!
連れの男性が専属のカメラマンのように彼女の写真を撮りまっくていたのがよく見受けられました。
彼女らは、女優かモデル・・・みたいに見てるこっちが気恥ずかしくなるような髪をかき上げてポーズをとります。
女性があくまで主役、男は付き人のごとく何枚も何枚もカシャ、カシャ。
横目でじー!ちょっと恥ずかしいけど・・・でも・・・

うらやましいじゃないか・・・!

ダンナを横目でじー・・・!

無視かよ・・・!
私も昔は若かった・・・!写真を撮っても美しく収まるほどに・・・(-_-)

f:id:travelingbag:20160123103340j:plain

f:id:travelingbag:20160130154319j:plain


夕焼けを楽しんだあとは、ミケンランジェロ広場のレストランでディナー。

f:id:travelingbag:20160123103341j:plain


今夜も赤ワインのキャンティ。種類はいろいろだったけど、これしか飲んでない。後から思えば残念。味はねぇ・・・1000円ンぐらいのワインとの違いがわたしには分からなかった。もしかして豚に真珠だったのかも・・・。

f:id:travelingbag:20160123103334j:plain

 

ジェノベーゼソースのパスタ。これは美味しい!

f:id:travelingbag:20160123103335j:plain

 

玉ねぎ焦げすぎ、肉少なすぎ。(-_-)

f:id:travelingbag:20160123103336j:plain

 

え?もうデザート?盛り付けは綺麗。お味はフツー。

f:id:travelingbag:20160123103337j:plain

 

この後ホテルへ戻り解散です。今夜もホテル近くのスーパーでビールとおつまみを買い込んで、明日のフィレンツェ自由時間に備えて早めに寝ます。
明日は自由時間においしいもの食べよう!買い物しよう!

期待で寝付けない!(*´▽`*)