読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

ハワイ旅行1 -ハワイ島ー

憧れのハワイ!

f:id:travelingbag:20160402095813j:plain

今まで一度も行ったことがなかったハワイ!
みんなが「いい!」と言うので、どんなものかと一度行ってみてもいいんじゃね?
と、ハワイに決定!
年末からはグーンと高くなるので、12月半ばの出発にしました。
まぁ、たいした仕事もしてないので会社も休んでも何の影響もなし。
同僚たちの視線さえ気にしなければ有給使って休めるもんです。
せっかく与えられた有給という権利、存分に使わせてもらいます!

今回は、ハワイに支店があるHISのツアーに決定!
個人旅行で飛行機とホテルを予約するよりか、ツアーにした方が安かったんです。
オプショナルツアーも入れて20万ちょいぐらい。
これを、大阪マルビルにあるHISハワイ大阪駅前支店で申し込み。

というか、ここ、すごすぎる!

さすが、HISの力をハワイ限定に結集しました!って感じです。
ドアを開けるといきなりハワイアンっぽいイケメンがにっこり!
こんな感じの方がアロハシャツでお出迎え。

f:id:travelingbag:20160401162030j:plain
こんがり焼けた肌と優しい眼で、一気に吸い込まれます!
ふらふらとカウンターに案内されて、コーヒーのサービスを受けながら相談します。
店舗自体がハワイのインテリア!
中に一度入ると、ハワイに行きたくなる恐ろしい空間です。

 さぁ!初めてのハワイに出発です!
行ったみんなが「もう一回行きたい!」というその言葉通りなのか、確かめてみるぅ!
旅行は初日が一番テンション上がるぅ~!!

関空を夜出て、ホノルルからハワイ島へ!
デルタ航空機内食ロコモコ
マカディミアンナッツも!

f:id:travelingbag:20160402112701j:plain


到着ロビーにはHISの方が待っていてくれます。
続々到着する日本人をどんどん処理していくHISの現地係員。
流れ作業のように慣れたもんです。
乗り継ぎもスムーズに、ハワイ島にへ!

出迎えの車でキングカメハメハホテルに到着!
リゾートホテルらしく綺麗で清潔です。
ホテルには、ほんの小さなプライベートビーチがあります。

f:id:travelingbag:20160322134219j:plain


しかも、なんといってもこの気候!
12月のこの暖かさと湿気のなさ。
日本でいう初夏です。
なんと心地いいんでしょう。
12月の寒い日本からコートを着込んできた私たちにとっては、プチ贅沢な太陽の暖かさです。
これだけでもハワイに来る価値があるんだ!と確信!
この夜は近所を散策して、スーパーが近くにあることを確認。
あと、ホテルにもABCマートがあるので、以後、ここでビールやらつまみやらを毎日購入してました。
さて、ディナーですが・・・。
写真にあるので、食べたことはたしか。
しかし、どこで食べたのか思い出せな~い!!
シニアであるということを意識させられるわぁ。
でも、印象にないということは、それなりだったのだと思います。
ステーキ肉は、スーパーのオーストラリア牛のような固さです。
でも、味付けはよかった・・気がする。

f:id:travelingbag:20160402095807j:plain

f:id:travelingbag:20160402095808j:plain

f:id:travelingbag:20160402095809j:plain

ハワイ島到着しての一日も無事に終了。
今夜は寝るー!

次の日の朝ぁ~!
やっぱりすがすがしい!
あったか~い!
いやだ!ダラダラしてた~い!
という一日の始まりです。

朝食は、ホテルで。
バイキング形式。

f:id:travelingbag:20160401161641j:plain

すぐ前に小さなプライベートビーチ。
砂浜ではないのでサンダルが必須。
小鳥がやってきては、ぱんくずをつついてます。
あぁ~なんて、だらり~とした気候なんでしょ。

f:id:travelingbag:20160401161642j:plain

と、短い滞在時間を無駄に使うことなくオプショナルツアーに出発です!
リゾート地にも何度か行きましたが、2週間も滞在する欧米人と違って、連泊3日が限度の私たちには、ゆっくりのリゾート型滞在は厳しいです。

そもそも、初めての国では旅行代金分を楽しみたい!と思う貧乏性の私たちです。
一か所でのんびりしているその時間がもったいなく思えて、かえってストレスに・・・!
そう思うと「時間を買う」というのが一番高くつく買い物かも。

何人かのツアー客をホテルごとに拾って、アカカの滝ビッグアイランドキャンディキラウケア火山国立公園マウナケアで星空見学に出かけます!

マラサダドーナッツがおいしいよ!
という、ガイドさんのおすすめで「さっき朝ごはん食べたばかりなのに・・・」と思う間もなくドライブインに到着。
朝ごはんは急速に消化された模様。
おいしい!
想像していた揚げパンではなかった!
ふんわりとした触感とほどよい甘み!
これ、日本で売れる!

f:id:travelingbag:20160322134228j:plain

 

お腹いっぱいになって、アカカの滝へ
うーん・・・、いたって普通の滝。
あかん!想像力が働かん!

f:id:travelingbag:20160322134230j:plain

お次は、ビックアイランドキャンディへ。
ここは、地元住民の雇用に貢献しています。
チョコ付きクッキーが目玉。
割っていただく大きな板チョコとクッキーをお土産に購入。

f:id:travelingbag:20160322134236j:plain

キラウエア火山国立公園へ。
溶岩洞窟の中を通り抜け。
この中を溶岩が流れてこのような洞窟になったそうです。
必死で想像力をかき集める!(インディ・ジョーンズの曲が少し流れる)
火山好きのダンナは、ワクワクしている模様。
あー、わたしももっとワクワクしたい・・・! f:id:travelingbag:20160401161646j:plain

溶岩の大地をお散歩。

f:id:travelingbag:20160401162004j:plain

そして溶岩の上でお弁当。
和風な洋食弁当。
まぁまぁ美味しかったです。
風がきつくて弁当の蓋が飛ばないように足で押さえてました。
写真は、同じオプショナルツアーに参加された家族です。

f:id:travelingbag:20160401161650j:plain

 

火山博物館へ。
キラウェア火山・ハレマウマウ 火口を見学。
遠くの火口をズームで撮影。ブレブレです。
あまりに遠すぎて、迫力は感じられなかった。
ここは、想像力が必要かも。
火山好きなダンナは、満足気。
わたしは、勝手にドバーッと火柱が上がる火山を想像していたのでした。
よく考えてみると、想像していた火の粉がふりそそぐような火口なんて、そもそも観光はできませんね。

f:id:travelingbag:20160402095926j:plain

お次は、マウナケア山麓にて星空見学
現地在住の女性のガイドさんは、こんがりハワイ焼けしておられて、本当にハワイがお好きなようす。
運転しながらハワイの良さを熱く語ってくれます。
星空見学は、レーザーポインタで星座の案内です。
学生の頃にみた、まるでプラネタリウムのような田舎の星空にはおよばないけど、都会では見られない天の川も楽しめます。
と、わたしレーシックをしてはや10年以上。
もはや直後の2.0の視力もいまや0.6から0.9。
おまけに乱視もはいってるので、星がだぶるぅ~!
たぶん、メガネをかけていたらもっと楽しめたのかも!
星空観察に乱視は辛い!

この日は、夕食がお弁当だけだったのでツアーが終わるころにはお腹がぺこぺこ。
夜10時頃だったけど、ホテルの斜め前にあるレストランへ。
オーダーストップぎりぎり。
メニューを見て、読める英語と感で注文。

f:id:travelingbag:20160402095810j:plain

salad(サラダ) と shrimp(シュリンプ)が読めた!

 

ホテルに戻ったあとは、明日の朝出発するキラウェア火山のヘリコプターツアーをホテルで予約しようとカウンターへ。
これがひとり人7万円。
主人がどうしても乗りたいと。
ふたりで14万。
高い・・・!
「もう、一生に一度かもしれんし、せっかく来たんやし・・・」と懇願。
ふたりで14万!
1時間で・・・!
カード切りましたよ。
こんなところでもめて、不機嫌なダンナに付き合うのもイヤだし。
この夜は、14万か・・・と思いつつ寝ました。