読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熟年夫婦あせって旅に出る

年金が確実に減額される世代。退職してから旅行と思っていたけれど、どうなるかわからない将来より、今、健康のうちに楽しもうと思ったシニア夫婦の海外ツアーやフリー旅の記憶です。記録しないとすぐ忘れちゃう!

バリ島旅行1 -ヌサドゥア編ー

バリ島
リゾート地に行ってみたい!
ということで、今回はバリ島に決定!

f:id:travelingbag:20160315132206j:plain


今回は、ホテルから選んで、そして飛行機を取るという手順で旅行を計画。
活用したのは、ホテルと航空券がとれる旅行サイトのエクスペディアExpedia
格安料金順に表示させたり、あるいは飛行機のフライト料金や時間を比較できるので、便利に使ってます。

足腰が頑張れるうちは、とにかく数多く海外旅行を楽しみたいと思っているので価格重視で
飛行機はLCCのエア・アジアバンコク経由でバリ島のテンパサール空港、ホテルは写真と口コミをチェックしてバリ・トロピックリゾート&スパに決定!モダンな感じのホテルではなく、バリ島らしい民族調の海に面したリゾートホテルです。
4日間で旅費は一人106,300円です。

ついでにオプショナルツアーもポイントが貯まっていたオプショナルツアー予約のVELTRA / Alan1.net★

● ブサキ寺院 + キンタマーニ高原 貸切観光ツアー 選べる観光地

● ウルワツ寺院サンセット + ケチャックダンス 選べるプラン<午後/夕食付>

● シエスタ「Siesta」 スパパッケージ<シンバラン地区>
を申し込みます。
初めての国や先進国でない国に出かけるときは、こういったオプショナルツアーは、効率よく動けて安全です。
アクセスのよくない地域などは、車をチャーターしたり、ガイドを自分でというのはなかなか高度なので、日本から予約できて日本語ガイドもついてるオプショナル専門ツアーをよく利用します。
オプショナルツアーも入れると一人約15万というところです。
日程さえあれば直行便で同じような値段か、もっと安くツアーが催行されていますので、個人プランよりお得かもしれません。
でもねぇ・・・まだ働いてるから、休日をからめないと・・・休みにくい!
ので、日程を自由に選択となると、個人プランになります。

お金も払ってしまえば価格も忘れて、さぁ!バリ島に出発!
一週間は、バリ娘になるのよぉ~♪
 ええ年こいて・・・ のダンナの視線は無視!
真夜中0時に、エア・アジアで出発。
シートは、LCCらしくチープ。
座席は180cm以上の人にはつらいと思う狭さ。
わたしたちは、なんとか収まる。しかし、リクライニングの角度が浅い・・・
これは、つらいかも・・・
バンコクまで約6時間、なんとか頑張る!
あと5年もしたら、やはりLCCはつらいかも・・・・!

f:id:travelingbag:20160315132144j:plain

そしてバンコクから約4時間、バリ島のテンパサール空港へ。
やっと、着いた・・・。
空港タクシーで、高級ホテルが並ぶヌサドゥア地区のホテルまで。
空港内のタクシーなのに、ぼられた。
日本円にしては、2000円は、高いなぁって思ってのよ。
あとでガイドさんに聞いて分かった。
まぁ、命があったんならよいか・・・。

ホテルのチェックインカウンターは、バリ島らしくテンションが上がるぅ~!

f:id:travelingbag:20160315132147j:plain


宿泊するバンガロー。
バリちっく!

f:id:travelingbag:20160315132204j:plain


天蓋ベッド。
ダンナが興奮気味

f:id:travelingbag:20160315132151j:plain

古さはあるけどとても清潔で、気に入りました!

まずは、ランチ!お腹すいた!
ということで、昼食はホテルで。
バリ島の料理のナシゴレンを堪能。エスニックなお味で美味しい!

f:id:travelingbag:20160315132149j:plain


ランチの後は散策です。
ホテル裏側はすぐに海。この海外沿いに高級ホテルが立ち並んでいます。
日本のようなしつこい湿気のある暑さではないので、散歩も大丈夫。
砂浜を散歩するとお隣のホテルへ敷地へ、そしてまたお隣へと、海岸沿いを散歩しながら高級ホテル散策をしました。
ロシア人がいっぱい!

f:id:travelingbag:20160316142820j:plain

散歩してお部屋で休憩したら、もうディナーの時間。
今夜はホテルでディナー。

けだるい暑さが、行動力を抑制するぅ~~!

バイキング形式で好きなものをチョイス。
ぬるい風の中、そうお腹もすかず少な目です。お味はそれなり。
レストランでは、生演奏も入って欧米の観光客向けのバラードを演奏。
いい感じです。
日本人は私たち二人だけです。いなければ、いないでちょいと寂しいかも。
明日は、町のレストランで美味しものを食べよ~。

f:id:travelingbag:20160316144105j:plain

ディナー後、バーにも寄らず、明日のオプショナルツアーもあることなので、早々に寝ることに。

部屋のシャワーは、塩水が混じっていて髪の毛はギシギシ。
髪の毛ギシギシがこの旅行で一番気になったところです。
日本に帰って、自宅のお風呂に入ったときは、ほんと、日本の水って最高!と思いました。

今夜は、LCCで疲れた身体を天蓋付きのベッドで癒すのです。寝ようっと!
明日は、キンタマーニ高原!
なんて覚えやすい名前なんでしょ!